2020.01.16 Thursday

理工学研究科農理工学際連携コースが、「星空ゼミ」を開催(10/25・開催報告)

10月25日(金)に本学野田キャンパスにおいて、理工学研究科農理工学際連携コース研究交流会「星空ゼミ」第1回を開催しました。

理工学研究科農理工学際連携コースは、現在、理工学研究科の情報科学、応用生物科学、建築学、電気工学、経営工学、土木工学の6つの専攻に所属する教員と学生が参加し、その専門分野は多岐にわたっており、文字通り学際分野を体現しています。専門分野が大きく異なる学生や教員が交流し、切磋琢磨することは簡単なことではありませんが、専門分野の隔たりを打破するために、野外において飲食を交えた歓談と、研究発表による議論を両立させた斬新なコースゼミ、「星空ゼミ」を実施しています。

今回は当初、野田キャンパス内の理窓会記念自然公園内のあずまやで行う予定でしたが、あいにくの空模様のため、野外でゼミを行うことはかなわず、室内での「雨空ゼミ」となりました。しかし、50名以上の学生と農業・食品産業関連の外部有識者(NPO法人そい・びーんず・発醸文化メガロポリス推進活動プロジェクトの方々)も参加し、大変有意義な研究交流の機会となりました。

今回は、理工学研究科電気工学専攻杉山研究室の3名の学生が、さまざまな異なる専門分野の学生に対してわかりやすく研究発表を行い、自然に優しいデバイスとそれらの農業利用の可能性について、学生、教員、外部有識者を交えた活発な議論が行われました。

なお当日の模様は、参加されたNPO法人そい・びーんずのホームページにも掲載されています。
NPO法人そい・びーんず:https://www.soy-beans.jp/?p=909

理工学研究科農理工学際連携コースが、「星空ゼミ」を開催(10/25・開催報告) 理工学研究科農理工学際連携コースが、「星空ゼミ」を開催(10/25・開催報告)

ページのトップへ