2019.11.21 Thursday

本学教員及び大学院生らが 13th Pacific Rim Conference of Ceramic Societiesにてベストポスター賞を受賞

本学教員及び大学院生らがPacific Rim Conference of Ceramic Societiesにてベストポスター賞を受賞しました。

受賞者 ■ 教員
理工学部 先端化学科 教授 井手本 康、理工学部 先端化学科 講師 北村 尚斗、理工学部 先端化学科 講師 石田 直哉
■ 大学院生
理工学研究科 先端化学専攻 修士課程2年 小板橋 惟子 
受賞題目 Operating temperature dependence of average, local and electronic structures in the charge-discharge process of 0.4Li2MnO3-0.6LiMn1/3Ni1/3Co1/3O2 using quantum beam and first principles calculation
受賞内容 13th Pacific Rim Conference of Ceramic Societiesのポスターセッション(Ceramics for Rechargeable Energy Storage Symposium)において、特に優秀なポスター発表と認定されたため。
発表者:KOITABASHI Yuiko, ISHIDA Naoya, KITAMURA Naoto, IDEMOTO Yasushi
受賞日 2019年 10月29日

13th Pacfic Rim Conference of Ceramic Societies
http://www.ceramic.or.jp/pacrim13/

井手本・北村研究室のページ
研究室のページ:https://www.rs.noda.tus.ac.jp/idemotol/index.html
井手本教授のページ:https://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?ba9
北村講師のページ:https://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?524b

石田講師のページ:https://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?67f0

本学教員及び大学院生らが 13th Pacific Rim Conference of Ceramic Societiesにてベストポスター賞を受賞

ページのトップへ