2019.11.05 Tuesday

講演会「IYPT2019 マリー・キュリーの科学への情熱」開催のご案内(理数教育研究センター・12/6)

本年は、ドミトリ・メンデレーフが元素の周期律を発⾒してから150周年を記念する「IYPT2019国際周期表年」です。それに関連して、⾃然科学の発展が⼈間社会にもたらした功績を称えるイベントが世界中で開催されています。
東京理科大学 理数教育研究センターでは、現代物理学と化学の先駆者であり、放射能研究と2元素(ラジウムとポロニウム)発⾒の功績によりノーベル賞を2回受賞した「マリー・キュリー」の⼈物・業績紹介を通じて、皆さまに科学技術の魅⼒をお伝えするとともに、⽇本の理科教育について考える機会を提供いたします。

⽇  時 2019年12⽉6⽇(⾦) 13:00〜16:00 (12:30受付開始)
場  所 東京理科⼤学 神楽坂キャンパス6号館2階 621教室(アクセス)
主  催 東京理科⼤学 教育⽀援機構 理数教育研究センター
共  催 サイエンススタジオ・マリー
プログラム ※変更が⽣じる可能性があります
13:00〜13:15 秋⼭ 仁東京理科⼤学理数教育研究センター⻑(特任副学⻑) 開会挨拶
13:15〜13:20 ⽟尾 皓平IYPT2019実⾏委員⻑挨拶
13:20〜14:50 Renaud Huynh パリ・キュリー博物館館⻑講演≪通訳予定≫
14:50〜15:00 休憩
15:00〜15:30 藤嶋 昭東京理科⼤学光触媒国際研究センター⻑(前学⻑) 講演
15:30〜15:40 質疑応答
15:40〜15:45 講演会終了
講演終了後   数学体験館〜元素の発⾒と理科教室〜展の案内(希望者のみ)
※展⽰は11⽉30⽇(⼟)〜12⽉7⽇(⼟)の期間中、数学体験館にて
ご覧いただけます(休館⽇である12⽉2⽇(⽉)、3⽇(⽕)を除く)
定員 100名(参加無料)
申込⽅法 以下URL先の申込フォームを開き、必要事項を記⼊して申し込みください。
当日、会場に余裕がございましたら当日受付も可能です。
https://www.tus.ac.jp/event/entry/pr/IYPT2019/
講演会「IYPT2019 マリー・キュリーの科学への情熱」開催のご案内(理数教育研究センター)
▲クリックで拡大します

ページのトップへ