2019.10.01 Tuesday

「工学部第二部を語る会~夜だからこそ学べた~」を開催(9/21)

9月21日(土)に本学葛飾キャンパスで「工学部第二部を語る会~夜だからこそ学べた~」が開催され、大学関係者、卒業生など約130人が参加し、43年の歴史を振り返りました。

1976年に開設された本学工学部第二部は、2015年を最後に学生募集停止。最後の入学生が2019年に卒業を迎えました。その間約8500人の卒業生を輩出し、産業界、建築業界の他、役所・学校・大学等で活躍しています。

会当日は、本山和夫理事長、松本洋一郎学長の挨拶のほか、河野守工学部第二部学部長から学部の歴史や功績が紹介されました。

また卒業生を代表して、池田佳人さん(建築学科1992年卒)、筒井大和さん(電気工学科1981年卒)が講演し、池田さんは「多種多様な仲間と働きながら勉学に励んだことは良い経験になりました。その経験は、その後の建築事務所設立や建築作品の制作にも大いに生かされています」と話されました。また、筒井さんは「文系学部卒業後、弁理士として知識の幅を広げることを目的として電気工学科入学しました。仕事と勉強だけでなく家庭との両立には苦労しましたが、理科大での理系の勉強はその後の弁理士人生を豊かにしてくれました」と社会人も多い夜間学部ならではの思い出を語ってくれました。

会に参加した浜善久さん(電気工学科97年卒)は、「24年ぶりに友人と再会し、仕事を終えた後に、講義で教授が書く数式を必死にノートに書き写したことや、毎週実験レポートに追われた思い出など当時の話題で盛り上がり、楽しい時間を過ごすことができました。工学部二部がなくなってしまうのは残念ですが、工学部は引き続き残りますので、今後のますますの理科大の発展を期待しています」と感想を語ってくれました。



本山 和夫 理事長

松本 洋一郎 学長

河野 守 工学部第二部学部長

ワイズデザイン一級建築士事務所代表取締役 池田 佳人氏

筒井国際特許事務所所長 筒井 大和氏

ページのトップへ