2019.10.18 Friday

本学教員の研究成果「マッスルスーツEvery」を日刊工業新聞等が紹介

本学工学部機械工学科 小林宏教授が2014年に開発した、装着型の作業支援ロボット「マッスルスーツ®」は、これまで主に価格面から法人向けとしての需要でありましたが、このたび東京理科大学、(株)イノフィスに加え、リコーテクノロジーズ(株)が量産に向けた設計を受託、ならびにリコーエレメックス(株)が生産受託サービス「REX DIA(レックスダイヤ)」を通じて量産を行う協業連携によって量産化に成功し、既存の「マッスルスーツ®」の機能と変わらずに、個人でも購入可能な価格を実現した「マッスルスーツEVERY」が誕生したことを発表(※)し、日刊工業新聞等でこのことが紹介されました。

これまでどおり、介護・製造・物流・建設・農業などの作業現場での使用はもちろん、家庭での介護や家事、家庭菜園や雪かきなど、さまざまなシーンでの利用が期待され、重いものを運ぶ時やつらい腰痛での作業の腰痛予防に貢献します。

詳細は掲載紙・Webニュースをご覧ください。

■ 掲載紙・Webニュース
『日刊工業新聞』       2019年9月25日付朝刊
『化学工業日報』       2019年9月25日付朝刊
『日本農業新聞』       2019年9月25日付朝刊
『日本デバイス産業新聞』   2019年9月26日付朝刊
『日刊水産経済新聞』     2019年10月1日付朝刊
『日刊工業新聞』       2019年10月18日付朝刊

https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/news/18/06022/
https://techable.jp/archives/108814
https://www.seniorlife-soken.com/archives/12788
https://www.s-housing.jp/archives/176766

株式会社イノフィス:https://innophys.jp/

  

(※)発表会の様子は株式会社イノフィスのニュース一覧をご覧ください。 
10万円台のアシストスーツ「マッスルスーツ Every」発売発表会を開催
~リコーグループとの協業連携により量産化とコストダウンに成功、「一家に一台、マッスルスーツ」へ~

小林研究室
研究室のページ:http://kobalab.com/
小林教授のページ: https://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?1825

ページのトップへ