2019.09.05 Thursday

朝日地球会議2019パネル討論「海を蝕むプラスチック 私たちにできることは?」に本学 二瓶 泰雄教授が登壇(10/14)

グローバル化していく社会、ジェンダーなどによる差別をなくす制度、テクノロジーの急速な発展、異常気象や自然災害など、現在において世界を取り巻く様々な課題があります。

朝日地球会議2019では、それら課題解決のために国連が掲げた「持続可能な開発目標(SDGs)」への道筋を、国内外の有識者やオピニオンリーダー、企業人、来場者とともに探ります。

開催期間は2019年10月14日(月)~10月16日(水)で、1日目のパネル討論に本学 理工学部 二瓶 泰雄教授が登壇します。

2019年10月14日(月) 15時30分~16時50分
イイノホール
(〒100-0011 東京都千代田区内幸町2丁目1−1 飯野ビルディング)
「海を蝕むプラスチック 私たちにできることは?」
安さと便利さから大量に使われてきたプラスチックが、今や海を脅かし、世界中で問題になっている。分解されないプラスチックが魚介類や海鳥の体内にとどまり続け、悪影響を及ぼすと心配されている。
この海洋プラスチック問題は、私たちの暮らしに原因がある。海に流出させないためにはどうすべきか。
理工学部 土木工学科 教授 二瓶 泰雄
株式会社ピリカ 代表取締役 小嶌 不二夫
朝日新聞 科学医療部記者 杉本 崇
無料
https://biz.q-pass.jp/f/1402/awf2019
※応募多数の場合はセッションごとに抽選
2019年9月26日(木) 事前申込制

プログラムの詳細は以下のサイトをご覧ください。
URL:http://www.asahi.com/eco/awf2019/

水理研究室
二瓶教授のページ:https://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?33b9
研究室のページ:https://www.rs.noda.tus.ac.jp/hydrolab/

ページのトップへ