2019.09.06 Friday

本学教授らの論文が『Organic & Biomolecular Chemistry』の表紙に選出

本学理学部第一部 化学科 田所誠教授および磯田恭佑元助教の学術論文「Synthesis and electrochromic behavior of a multielectron redox-active N-heteroheptacenequinone」が、『Organic & Biomolecular Chemistry』の表紙に選出されました。

この研究は東京理科大学、香川大学、千葉工業大学との共同研究です。 安定な有機n型半導体に使用できる分子骨格は数少ないですが、教授ら研究グループは、N8O2型 (N-heteroheptacenequinone)の可逆な4電子移動をもつ安定な新しい有機アクセプターを開発しました。将来、有用な有機n型半導体材料としての使用が見込まれます。

選出者名 理学部第一部 化学科 教授 田所 誠
論文タイトル Synthesis and electrochromic behavior of a multielectron redox-active N-heteroheptacenequinone
論文掲載 https://www.tus.ac.jp/today/archive/mt-preview-bfed417a6da50e347de95c1da21dea2834a76c15.html
掲載日 2019年8月30日

田所研究室のページ
大学公式ページ:https://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?4870
研究室のページ:https://www.rs.kagu.tus.ac.jp/tadokoro/

磯田先生(現:香川大学 創造工学部 講師)のページ
大学ページ:https://www.kagawa-u.ac.jp/kagawa-u_ead/introduction/staff/20700/staff0113/

Synthesis and electrochromic behavior of a multielectron redox-active N-heteroheptacenequinone
▲表紙(クリックで拡大します)

ページのトップへ