2019.05.22 Wednesday

本学教員の論稿を日本経済新聞「経済教室」が紹介

本学経営学研究科 技術経営専攻 若林秀樹教授の日本のディスプレイ産業の現状と展望に関する論稿を、日本経済新聞「経済教室」が紹介しました。

若林教授は、1990年代以降世界の業界構造が変化していく中、日本のディスプレイ産業が立ち遅れていった原因について解説し、今後日本企業が生き残る道として、技術と経営、ビジネスモデルの掛け算が重要だと述べています。

詳しくは掲載紙をご覧ください。

■掲載紙
『日本経済新聞』 2019年5月22日朝刊
電子版:https://r.nikkei.com/article/DGXKZO45071110R20C19A5KE8000?s=3
(電子版の購読には会員登録が必要です)

若林教授のページ:https://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?526b

ページのトップへ