2019.05.17 Friday

本学教員の論説を日本経済新聞「複眼」が紹介

日本経済新聞「複眼『石炭火力は続けられるか』」で、本学経営学研究科 技術経営専攻 橘川 武郎教授の論説が紹介されました。

橘川教授は記事中、欧州での石炭による発電と再生可能エネルギーの比率等を紹介しつつ、日本の電力事情の現状について解説し、再生可能エネルギー開発と世界の環境問題を踏まえた「日本の電力会社のあり方や今後の展望」についての見解を述べています。

詳しくは掲載紙をご覧ください。

■掲載紙
『日本経済新聞』 2019月年5月16日朝刊
電子版:https://www.nikkei.com/article/DGXKZO44834840V10C19A5TCS000/
(電子版の購読には会員登録が必要です)

橘川教授のページ:http://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?684a

ページのトップへ