2019.04.12 Friday

キンラン観賞会・シンポジウムを開催(4/27)

2019年4月27日(土)に、第3回キンラン観賞会・シンポジウムを野田キャンパスで開催します。

リサーチパーク型キャンパスである本学野田キャンパス内には、広大な自然公園(理窓会記念自然公園)があり、理工学部応用生物科学科土木工学科、理工学研究科農理工学際連携コース等における研究・教育や、理工学部応用生物科学科の朽津 和幸教授らが講師を務める野田市生物多様性講座等で活用しています。
最近は、朽津教授を代表とする本学の教職員や学生団体RiSO Rangerらが、国土交通省、自治体、一般市民らと共に自然公園内の湿地再生・環境保全活動を進めており、本学野田キャンパスは、2018年に日本生態系協会賞を受賞しました。

今回、セバシナ研究会との共催で、菌根菌と共生する希少植物キンランを観賞し、里山保全活動を行う市民、研究者・専門家、学生らが議論し交流するイベントを開催致します。

詳細は、ポスターをご覧ください。

日時 2019年4月27日(土) 10時00分~15時30分 (13時から雨天決行)
会場 東京理科大学 野田キャンパス カナル会館3階(地図)及び理窓会記念自然公園
参加費 一般:500円
大学生以下:無料
主催 セバシナ研究会、東京理科大学
後援 日本植物学会、柏市教育委員会(柏市民公益活動育成補助金事業)、野田市、流山市
お問合せ セバシナ研究会代表 倉重 力也 (kurashige.r(アットマーク)tbz.t-com.ne.jp)
※(アットマーク)は@に変更してください。
電話:090-9313-2620
キンラン観賞会・シンポジウムを開催(4/27)
▲クリックで拡大します

ページのトップへ