2019.03.26 Tuesday

外務省主催「JENESYS2018」で来日したモンゴル訪日団31名が本学に来校

2019年3月12日(火)、外務省が主催する「JENESYS2018」で来日した、モンゴル人の高校生31名が神楽坂キャンパスに来校しました。

朝本学に来校すると国際部のナラヤン課長による歓迎挨拶および本学の説明が行われ、参加高校生は説明に耳を傾けました。

その後、理学部第一部物理学科川村研究室による模擬授業が行われ、参加学生は小型の風力発電機を用いた体験型の授業に熱心に取り組みました。

昼食の時間は川村研究室との交流ランチとなり、参加高校生たちは、川村教授や研究室の学生と昼食を食べ、会話を弾ませていました。

昼食後、東京理科大学の施設見学として、近代科学資料館を訪問し、参加高校生は様々な展示を見て回り、コンピュータの歴史など近代科学のなりたちを体験的に学びました。

参加高校生の興味は尽きることなく、終始密度の濃い時間を過ごし、笑顔で本学を出発しました。

JENESYS2018
外務省主催。日本とアジア大洋州の各国・地域との間で、対外発信力を有し将来を担う人材を招へい・派遣し、政治、経済、社会、文化,歴史,外交政策等に関する対日理解の促進を図り、親日派・知日派を発掘し、日本の外交姿勢や魅力等について被招へい者・被派遣者自ら積極的に発信してもらうことで対外発信を強化し、外交基盤を拡充することを目的としています。

外務省主催「JENESYS2018」で来日したモンゴル訪日団31名が本学に来校01
東京理科大学説明の様子
外務省主催「JENESYS2018」で来日したモンゴル訪日団31名が本学に来校02
川村教授によるスピーチ
外務省主催「JENESYS2018」で来日したモンゴル訪日団31名が本学に来校03
川村研究室による模擬授業・実験
外務省主催「JENESYS2018」で来日したモンゴル訪日団31名が本学に来校04
教室での集合写真(川村研究室と)
外務省主催「JENESYS2018」で来日したモンゴル訪日団31名が本学に来校05
近代科学資料館見学の様子
外務省主催「JENESYS2018」で来日したモンゴル訪日団31名が本学に来校06
9号館前での集合写真

ページのトップへ