2018.12.20 Thursday

本学教員らの学術論文が、アメリカ化学会発行Accounts of Chemical Research誌のSupplementary Coverとして選出

本学理学部第一部 応用化学科 根岸 雄一教授らのPersonal Accountが、アメリカ化学会発行Accounts of Chemical Research誌のSupplementary Coverとして選出されました。

近年では、極微細な金属原子の集合体(金属ナノクラスター)を原子精度にて精密に合成することが可能になってきています。しかしながら、複数元素よりなる合金ナノクラスターについては、現代技術をもってしても、原子精度にて制御することは容易ではありません。根岸教授らは、合金ナノクラスターを原子精度にて精密に合成する技術の開発に成功し、それにより、異種元素の複合が電子構造に与える影響についても同じく、原子精度にて明らかにすることに成功しました。本Personal Accountsは、そうした同教授らの研究を纏めたものであり、その内容が編集部に評価され、同誌のSupplementary Coverとして選出されました。

選出者名 理学部第一部 応用化学科 教授 根岸 雄一
論文タイトル Alloy Clusters: Precise Synthesis and Mixing Effects
掲載表紙 https://pubs.acs.org/subscribe/covers/achre4/achre4_v051i012-3.jpg?radn=893775736371772?0.9043442465964484
掲載論文 https://pubs.acs.org/doi/10.1021/acs.accounts.8b00453
掲載日 2018年12月18日

根岸研究室のページ
大学公式ページ:https://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?5825
研究室のページ:https://www.rs.kagu.tus.ac.jp/negishi/


Accounts of Chemical Research誌
December 2018 Volume51 Number12

ページのトップへ