2018.12.11 Tuesday

本学教員が2018年度(平成30年度)メチル水銀研究ミーティングにおいて若手研究奨励賞を受賞

本学教員が2018年度(平成30年度)メチル水銀研究ミーティングにおいて若手研究奨励賞を受賞しました。

薬学部 薬学科 助教 吉田 映子
2018年度(平成30年度)環境省「重金属等による健康影響に関する総合的研究」事業にて開催されたメチル水銀研究ミーティングにおいて、「メチル水銀による感覚神経傷害の要因となるメチル水銀輸送体の発現」に関する研究発表を行った。研究成果発表者の中から研究の独創性・科学的水準・発展性が評価され、2014年度の受賞に続き2度目の受賞となった。
メチル水銀による感覚神経傷害の要因となるメチル水銀輸送体の発現に関する研究
2018年12月5日

2018年度(平成30年度)メチル水銀研究ミーティングのホームページ:https://www.env.go.jp/chemi/minamata/koubo30.html

環境健康学教室(鍛冶研究室)
研究室のページ:https://www.rs.tus.ac.jp/kaji-lab/
吉田助教のページ:https://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?698b

ページのトップへ