2018.12.05 Wednesday

本学大学院生が第46回日本ガスタービン学会定期講演会おいて学生優秀講演賞を受賞

本学大学院生が第46回日本ガスタービン学会定期講演会おいて学生優秀講演賞を受賞しました。

受賞者 工学研究科 機械工学専攻 修士課程2年 林 優人
指導教員 工学部 機械工学科 准教授 後藤田 浩
受賞内容 本研究は、航空エンジンを対象に、力学系理論に基づく時系列解析が低圧タービンの翼列フラッタの事前検知に有用であることを明らかにした。この研究成果が評価され、第46回日本ガスタービン学会定期講演会で、学生優秀講演賞を受賞した。なお、本研究は、宇宙航空研究開発機構 航空技術部門 aFJRプロジェクトチームとの共同研究として進められたものである。
受賞題目 低圧タービンにおける翼列フラッタの検知 -力学系理論の導入-
受賞日 2018年10月10日

日本ガスタービン学会のページ:http://www.gtsj.org/

後藤田研究室のページ
大学公式ページ:http://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?6b4f
研究室のページ:http://www.rs.tus.ac.jp/gotodalab/index.html

ページのトップへ