2018.11.27 Tuesday

本学大学院生らが2018年度日本建築学会大会(東北)学術講演会防火部門において若手優秀発表賞を受賞

本学大学院生らが2018年度日本建築学会大会(東北)学術講演会防火部門において若手優秀発表賞を受賞しました。

受賞者 理工学研究科 建築学専攻 修士課程2年 折原 卓
指導教員 理工学部 建築学科 教授 大宮 喜文
受賞題目 焼損床面積の期待値と防火区画面積の関係
受賞内容 2018年度日本建築学会大会(東北)学術講演会の防火部門において若手の発表の中から優れた学術論文発表として認められた。
受賞日 2018年10月26日
受賞者 理工学研究科 国際火災科学専攻 修士課程1年 高橋 由里
指導教員 同上
受賞題目 群集歩行性状に関する研究 低速度歩行者を混在させた群集流における避難完了時間に関する考察
受賞内容 同上
受賞日 同上

2018年度日本建築学会大会(東北)のページ:http://taikai.aij.or.jp/2018/

大宮研究室
大学公式のページ: https://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?1a30

ページのトップへ