2018.11.09 Friday

教育支援機構 理数教育研究センター研究会「『理数探究』を探究する」を開催(12/16)

東京理科大学教育支援機構理数教育研究センターでは、実力ある理数教員の養成をめざした研究教育活動を行っています。

2022年度に本格的に実施される高等学校の新学習指導要領では、様々な探究の選択科目が導入される予定です。そのため、高等学校の教育現場では少なからず動揺が起きています。
本センターでは、この理数探究の基本精神は何か、この機会をどのように捉え、指導し、活用したらよいか、そして、それがどのように入試に反映されるのかを文部科学省、大学研究者、すでに実践している高等学校の教員らを招いて考える場を作ります。理数探究にご関心のある多くの教育者、教育研究者の皆さま、ふるってご参加ください。

日   時 2018年12月16日(日) 13:00~17:00(受付12:30~)
場   所 東京理科大学 神楽坂キャンパス 1号館 17階 記念講堂
※アクセスマップはこちら
対   象 中学・高等学校の現職教員、教員志望の本学学生(大学院・学部)、理科の教員養成関係者、本学教職員、一般の参加者
プログラム

開会挨拶 13:00~13:05
第1部
 基調講演 13:05~13:25
      秋山 仁(東京理科大学 特任副学長・理数教育研究センター長)
 講 演1 13:30~14:15
      浅野 大介氏(経済産業省 商務情報政策局サービス政策課長・教育産業室長)
      「経済産業省の取り組みについて」(仮)
 講 演2 14:20~15:05
      遠山 一郎氏(文部科学省 国立教育政策研究所 教育課程調査官 学力調査官)
      「各学科に共通する教科『理数』の方向性」
- - - - - - - - - - - - - - 休憩  15:05~15:30 - - - - - - - - - - - - - -
第2部
 パネルディスカッション「理数探究と入試」 15:30~16:55
    パネリスト
       浅野 大介氏(経済産業省 商務情報政策局サービス政策課長・教育産業室長)
       遠山 一郎氏(文部科学省 国立教育政策研究所 教育課程調査官 学力調査官)
       福田 公子氏(首都大学東京 理学部 生命科学科 准教授)
       大野 智久氏(東京都立国立高等学校 主任教諭)
       白石直樹氏(東京都立淵江高等学校 主任教諭)
    司会
       川村 康文  (東京理科大学 理学部第一部物理学科 教授)
閉会挨拶 16:55~17:00
松田 良一(東京理科大学 理学研究科科学教育専攻 教授)

参 加 費 無料
申込み方法 理数教育研究センターHP(https://oae.tus.ac.jp/mse/)よりお申込み下さい。

多くの方のお申込みをお待ちしております。


▲クリックで拡大します

ページのトップへ