2018.11.06 Tuesday

本学大学院生が第15回IEEE TOWERSにおいてソシオネクスト賞を受賞

本学大学院生が第15回IEEE TOWERSにおいてソシオネクスト賞を受賞しました。

工学研究科 電気工学専攻 修士課程1年 森 幹生
工学部 電気工学科 教授 河原 尊之
Dependence of accuracy rate and threshold of TNN
第15回IEEE TOWERSにおける発表内容の産業的意義からスポンサー賞としてソシオネクスト賞が授与された。発表内容のターナリーニューラルネットワーク(TNN)は、重みを三値化(1.0.-1)することにより回路規模及び識別率の点でモノ側・エッジ側で用いる人工知能LSI(AIチップ)の実現に有用なものである。しかしながら、実数値の重みを三値化する際のしきい値決定手法の開発が課題であった。今回独自の手法を提案し、その有効性を確かめた。
2018年11月3日

関連プレスリリース:https://www.tus.ac.jp/today/20180507005.pdf

IEEE Transdisciplinary-Oriented Workshop for Emerging Researchers (IEEE TOWERS)のページ:https://www.young-researchers.net/

サステナブル電子工学研究室
河原教授のページ:https://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?69ac


受賞者の森さん

ページのトップへ