2018.11.05 Monday

葛飾区小学生を招き、留学生との交流・大学見学を行うキャンパスツアーを開催(10/27・開催報告)

2018年10月27日(土)に本学葛飾キャンパスにおいて、本学と葛飾区文化施設指定管理者の共催で、22名の葛飾区の小学生を招き、本学の留学生と交流しながら葛飾キャンパス内を見学する「留学生といっしょ!東京理科大学キャンパスツアー」を開催しました。
このイベントは、一昨年・昨年に引き続き、本学で3回目の開催となります。

当ツアーは、留学生との交流の時間と葛飾キャンパスの大学施設を見学する時間の2つの時間で構成されています。

留学生との交流の時間では、インドネシア・カザフスタン・ドイツ・中国からの留学生を迎え、留学生たちがそれぞれの出身国の文化や特徴などを紹介し、小学生たちは楽しく留学生たちと交流しました。

また、大学施設を見学する時間では、葛飾キャンパス図書館の見学に加え、理学部第一部応用物理学科岡村・中嶋研究室での圧電素子による発電実験や、工学部機械工学科小林研究室でのマッスルスーツ試着体験を行い、小学生たちは理科の楽しさを味わいました。

ツアーの終了後、小学生たちから、
「留学生のお話が楽しかった」「外国の文化を知れてよかった」
「研究をやりたくなった」「科学にはいろいろおもしろいことがある」
という声が寄せられました。

小学生たちにとって、貴重な異文化交流の時間となり、科学への興味を醸成することができ、とても意義深いイベントなりました。


留学生の話を真剣に聞く小学生たち

日本語で母国の説明を行う留学生

マッスルスーツ試着体験

発電体験をする小学生

熱心に研究内容に聞き入る小学生

ページのトップへ