2018.10.12 Friday

本学教員が第10回コンビナトリアル材料科学技術国際ワークショップにおいて最優秀ポスター賞を受賞

本学教員が第10回コンビナトリアル材料科学技術国際ワークショップにおいて最優秀ポスター賞を受賞しました。

受賞者 理工学部 先端化学科 助教 相見 晃久
受賞題目 Automation of Crystal Structure Refinement Using the Rietveld Analysis
受賞内容 第10回コンビナトリアルマテリアルサイエンス&テクノロジー国際学会において優秀な研究と認められたため、選出された。
受賞日 2018年10月4日

COMBI2018のページ:
http://tus-fujimotolab.jp/meeting/combi2018

相見助教のページ
大学公式ページ:http://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?6cff
研究室のページ: http://tus-fujimotolab.jp/


右の人物が相見助教
 

ページのトップへ