2018.09.28 Friday

本学教員および大学院生らが日本セラミックス協会第31回秋季シンポジウムにおいて優秀賞を受賞

本学教員および大学院生らが日本セラミックス協会第31回秋季シンポジウムにおいて優秀賞を受賞しました。

受賞者 理工学部 先端化学科 助教 相見 晃久
受賞題目 ペロブスカイト型酸化物(AA')(BB')O3 (A, A' = Sr, Ba; B, B' = Ti, Zr)の低温合成と反応機構
受賞内容 日本セラミックス協会第31回秋季シンポジウムのグリーン・プロセッシングによる機能性セラミックスの新展開セッションにおいて、優秀な研究成果と認められたため、選出された。
受賞日 2018年9月6日

受賞者 理工学研究科 電気工学専攻 修士課程1年 黒石 康介
指導教員 理工学部 電気電子情報工学科 教授 永田 肇
受賞題目 カリウムを含むビスマス層状構造強誘電体の作製と電気的諸特性
受賞内容 2018年9月6日に日本セラミックス協会 秋季シンポジウム特定セッション「次世代パワーエレクトロニクスのためのセラミックス技術」で、ポスター発表した「カリウムを含むビスマス層状構造強誘電体の作製と電気的諸特性」が、優秀講演賞に選出された。
受賞日 同上

公益社団法人 日本セラミックス協会のページ:http://www.ceramic.or.jp/csj/n_taikai.html

相見助教のページ
大学公式ページ:http://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?6cff
研究室のページ: http://tus-fujimotolab.jp/

永田教授のページ
大学公式ページ:https://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?2a98

ページのトップへ