2017.09.27 Wednesday

本学教員らが第26回日本バイオイメージング学会においてベストイメージング賞を受賞

第26回日本バイオイメージング学会において、本学教員、本学大学院生がベストイメージング賞(OLYMPUS賞)を受賞しました。

受賞者 理工学研究科 応用生物科学専攻 修士課程2年 永井 寛子
理工学部 応用生物科学科 助教 北畑 信隆
理工学部 応用生物科学科 教授 (イメージングフロンティアセンター 副センター長、理工学研究科農理工学際連携コース長 併任) 朽津 和幸
受賞題目 新規プローブを用いた植物の細胞内Ca2+濃度変化の1細胞レベルの発光・蛍光イメージング
受賞内容 第26回日本バイオイメージング学会学術集会において、優れた研究発表を行った。本研究は、本学理工学研究科 応用生物科学専攻を修了した助川 夏雄さん、理化学研究所 脳科学総合研究センターの宮脇 敦史博士、新野 祐介博士との共同研究である。
受賞日 2017年9月17日

日本バイオイメージング学会のページ:http://j-bioimaging.org/

朽津研究室
研究室のページ:https://www.facebook.com/KuchitsuLab
大学公式ページ:http://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?32ee

ページのトップへ