SCCPERは現代医療の急速な発展や薬物治療の高度化に
対応するための”生涯学習”及び”研究活動”を支援します。

about us

about us 01

センター長
東京理科大学薬学部教授
礒濱洋一郎

医療薬学教育研究支援センター(SCCPER)は,本学薬学部と各医療機関、製薬企業および医療行政などを繋ぎ、充実した臨床薬学教育および臨床研究を支援するために設けられた薬学部の附属機関です。

現代医療の急速な発展や薬物治療の高度化に伴って、医師、薬剤師、看護士、理学療法士等の多くの医療職の共働すなわちチーム医療の重要性が増してきています。特に薬剤師には、薬物治療とりわけ個々の患者に適した処方を提案することや医薬品の安全性を確保するために高い職能を発揮することが期待されています。

また、医療機関に置ける薬剤師は患者に対する医薬品の効果を把握し、適切なバイオマーカーを提案するなどの薬剤師発信型の臨床研究に携わることが求められています。もちろん、同様の個別化の視点は新たな医薬品の創製の面でも重要であり、従来型のランダム化された疾患患者集団での薬効評価から、個々の患者に対する効果予測を可能にする創薬が求められています。

本学薬学部は「科学者としての視点」をもつ薬学人の養成を伝統とし、これまでに多くの卒業生ならびに大学院修了生を医療機関や製薬企業等に送り出してきました。医療薬学教育研究支援センターは、本学のこの伝統を生かし、医療現場と社会の高まるニーズに応える高いスキルを身につけた人材を育成するために、医療機関、製薬企業および医療行政などと密な連携をとりつつ、専門教育を充実させるとともに、薬学卒業生のスキルアップや研究活動を支援することを目的としています。具体的には、センター内に「実務実習支援部門」、「国家試験対策支援部門」、「社会連携部門」および「臨床薬学教育研究支援部門」の4つの部門を設け、従来から取り組んできた学部での実践的な薬学教育の充実を図るとともに、薬学生涯学習プログラム、レギュラトリーサイエンスを中心とする臨床社会薬学研究の場を提供し、薬学関係者の活動を支援して参ります。

about us 02

医療薬学教育研究支援センター(SCCPER)の使命は社会と大学を結ぶことです。

医療薬学教育研究支援センター 概要図

医療薬学教育研究支援センター(SCCPER)は薬学関連の社会人のスキルアップと研究活動を支援します。

薬剤師会や地域の薬局および製薬企業等と連携しながら薬剤師研修プログラムを企画・提供するとともに、本学の社会人大学院を活用して医療および製薬の現場で働きながら研究し、学位取得を目指す方の活動を支援します。

また、これら薬学の産官学連携を通じて、学部での実践的薬学教育の充実に繋げます。

about us 03

医療薬学教育研究支援センター(SCCPER)は4つの部門で構成されます。

医療薬学教育研究支援センター 組織図

実務教育や国家試験対策等の薬学部生の活動支援は、薬学部がある野田キャンパスに拠点を置き、社会人の生涯学習および研究活動支援については神楽坂キャンパスの拠点で実施します。

about us 04

東京理科大学薬学部が目指す指導的薬学人養成のための学習支援のイメージ

医療薬学教育研究支援センター フロー図

医療薬学教育研究支援センター(SCCPER)は、薬学部の入学時の社会的ニーズの実感から卒後の生涯学習および博士号の学位取得までを総合的に支援し、「科学者の視点」をもつ指導的薬学人の育成をサポートします。