生命システム工学特別実験1Aのシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
生命システム工学特別実験1A 科目番号
Course number
83GRRES605
科目名称(英語)
Course title(English)
Advanced Biotechnological Experiment 1A
授業名称
Class name
生命システム工学特別実験1A
教員名 西山 千春,八須 匡和
Instructor Chiharu Nishiyama, Masakazu Hachisu
開講年度学期 2022年度 前期
Year/Semester 2022/1st Semester
曜日時限 集中講義
Class hours Intensive Course
開講学科
Department
先進工学研究科 生命システム工学専攻
Department of Biological Science and Technology, Graduate School of Advanced Engineering
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
3.0 授業の主な実施形態
Main class format
ハイフレックス型授業/Hybrid-Flexible format
対面授業/On-site class
概要
Descriptions
自身のテーマ研究を進めるとともに、自立した研究者になる基盤を確立する。
Basic training to be a researcher
目的
Objectives
修士論文を完成し、対外的に発表できる成果をまとめるために必要な実験データを得ること。
To obtain data and prepare master thesis
到達目標
Outcomes
自分が行っている研究内容を理解し、その背景や具体的データ、解釈について原著論文としてまとめることができる。豊かな人間性・創造力と国際性を兼ね備え、多面的かつ新しい視点を持って科学技術の発展に貢献できる人材の育成を目指す。
To be able to use various experimental methods
履修上の注意
Course notes prerequisites
自身の研究の推進に加え、研究室のメンバーの研究内容も理解する。
To understand related researches
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
- 小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
- グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
ゼミでの研究発表
Progress Report
反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
関連分野の論文を精読し、研究の方向を深く考える。
To read related papers
成績評価方法
Performance grading
policy
研究への取り組みの姿勢を重視する。修士論文中間審査までの研究成果と、研究過程で、どの程度自立能力を獲得できたかを審査して、総合的に評価する。

Assessment will be comprehensively based on the attitude and activities of research.
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
特になし
None
授業計画
Class plan
下記に示すテーマについて、分子生物学や免疫学の手法を用いて、遺伝子、分子、細胞、マウス個体、などを扱いながら、生命科学分野における様々な実験を経験すると共に、学会や学術論文を介して新たな知見を対外的に発表する。

主な研究テーマ

樹状細胞の機能制御に関わる分子機構解析
樹状細胞の機能制御による自己免疫疾患治療・予防
マスト細胞の機能抑制によるアレルギー治療・予防
マスト細胞機能抑制物質の探索
免疫担当細胞における転写調節因子の機能解析
血球系細胞特異的転写調節因子の構造-機能相関
制御性樹状細胞分化誘導機構の解析
血球系細胞特異的転写調節因子阻害物質の探索
脂質代謝におけるマクロファージ機能調節
抑制性共刺激分子の発現制御による免疫応答制御

Molecular mechanisms of function and development of dendritic cells and mast cells
Treatment and prevention of autoimmune diseases
Treatment and prevention of allergy
Screening of natural or chemical compounds regulating immune-related cells
Transcriptional regulation of hematopoietic cells
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
所定の単位を修得した学生に対して修了を認定し修士(工学)の学位を授与する。
Master of Science (Engineering)

所定 の期間在学し、「自然・人間・社会とこれらの調和的発展のための科学と技術の創造」という教育理念と、「豊かな人間性・創造力と国際性を兼ね備え、多面的かつ新しい視点を持って科学技術の発展に貢献できる人材の育成」という教育目標に沿って編成された授業科目を履修して、所定の単位を修得した学生に対して修了を認定し、修士(工学)の学位を授与する。
To earn a master’s degree in engineering, students must complete the program of study through the departmental discipline within a period of not less than two years, which involves the departmental educational philosophy of “Creating science and technology for harmonious development of nature, human beings and society” and the departmental goal of “Development of human resources who are rich in humanity, creativity and internationality, and who contribute to the advancement of science and technology with a perspective of multidimensional novelty.”
998E003
CLOSE