生命システム工学特別演習1Bのシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
生命システム工学特別演習1B 科目番号
Course number
83GRRES604
科目名称(英語)
Course title(English)
Advanced Exercise of Biotechnology 1B
授業名称
Class name
生命システム工学特別演習1B
教員名 瀬木 恵里
Instructor Eri Segi-Nishida
開講年度学期 2022年度 後期
Year/Semester
曜日時限 集中講義
Class hours intensive course
開講学科
Department
先進工学研究科
Graduate School of Advanced Engineering

生命システム工学専攻
Department of Biological Science and Technology
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
1.0 授業の主な実施形態
Main class format
ハイフレックス型授業/Hybrid-Flexible format
概要
Descriptions
【授業の概要】最新の神経科学に関する知見について、論文輪読を行い、内容について討論する。
これにより、豊かな人間性・創造力と国際性を兼ね備え、多面的かつ新しい視点を持って科学技術の発達に貢献できる人材の育成を目指す。

Students will give topics and discuss each time in in fields of neuroscience and pharmacological psychiatry. This class aims to develop the ability to present and discuss in fields of neuroscience.
目的
Objectives
【目的】論文の精読と発表・議論を通じて、専門知識の諸概念を理解を深めると同時に、自らの行う研究に、どのようにその理解を生かすのかについての考察を深めることを目標とする。

This class aims to develop the ability to present and discuss in fields of neuroscience.
到達目標
Outcomes
【到達目標】英語原著論文・総説を読み解き、その内容を紹介するとともに、討論を通じて論理的に評価し意見を述べることが出来る。

By the end of he course, students should be able to do the following,
-Recognize major concepts in neuroscience.
-Describe major methods and theories.
-Evaluate major studies from their results
-Apply findings to their own research theme.
履修上の注意
Course notes prerequisites
受講者は、定期的に発表者となるよう設定する。聞き手になる場合も、発表者の説明が論理的か、結果の解釈が妥当かなど、積極的に討論に加わること。

Presentation will be mainly given in Japanese.
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
発表者は紹介する論文を十分理解し、そのバックグラウンドとなる関連文献も読むこと。ただ内容を理解するだけでなく、自分だったらどのような実験をするか、結果の解釈が妥当か、自分なりの意見を持つこと。また参加者は、知らなかった実験や知識について、教科書や論文など復習すること。

Presenter should prepare slides to give topics.
Participants give feedback comments to the presenter.
成績評価方法
Performance grading
policy
輪講発表の内容、理解の程度、並びに討論の内容から評価する。

To be evaluated in taking account of the presentation’s performance and positiveness of participation in discussion.
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
Nothing special
授業計画
Class plan
最新の神経科学分野の英語論文・総説から、自分の研究内容に関連する知見を選び紹介する。その際、内容を理解するだけでなく、自分だったらどのような実験をするか、結果の解釈が妥当か、自分なりの意見を持つこと。また聞き手も、積極的に討論に参加することで、知識の習得に留まらず、自分で論理を組み立てができることを目指す。

Presenter will provide his/her research presentation (10 min) and all participants discuss about it.
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
所定 の期間在学し、「自然・人間・社会とこれらの調和的発展のための科学と技術の創造」という教育理念と、
「 豊かな人間性・創造力と国際性を兼ね備え、多面的かつ新しい視点を持って科学技術の発展に貢献できる人材
の育成」という教育目標に沿って編成された授業科目を履修して、所定の単位を修得した学生に対して修了を
認定し、修士(工学)の学位を授与す る。

The goal is to develop an ability that can to contribute to the development of Science and technology by with a global view and various the latest knowledges, as described in the diploma policy Diploma Policies of this department. A Master’s degree in engineering will be given to the students who take the required credit.
998D926
CLOSE