マテリアル工学特別実験1Bのシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
マテリアル工学特別実験1B 科目番号
Course number
82GRRES504
科目名称(英語)
Course title(English)
Advanced Laboratory Experiments for Materials Science and Technology1B
授業名称
Class name
マテリアル工学特別実験1B
教員名 田村 隆治,鈴木 慎太郎
Instructor Ryuji Tamura, Shintaro Suzuki
開講年度学期 2022年度 後期
Year/Semester Second semester of 2021
曜日時限 集中講義
Class hours Concentrated course
開講学科
Department
マテリアル創成工学専攻
Department of Materials Science and Technology
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
2.0 授業の主な実施形態
Main class format
ブレンド型授業/Blended format
概要
Descriptions
【概要】
研究室で与えられた修士論文テーマをもとに、教員と諮りながら、新規金属合金を定め、合金作製、構造評価、物性評価、結果の考察といった一連のプロセスで実験をすすめることで、高度な研究能力を培う。実験中にさまざまな問題が生じるが、問題を一つ一つ克服することで、課題解決能力をも養う。本授業は、カリキュラムポリシー第1項の「高度な専門性を要する研究開発能力を養う」ことと深く関連している。

【Overview】
Based on the master's thesis theme given in the laboratory, in consultation with the professor, determine a new metal alloy. In addition, acquire advanced research ability by conducting experiments in a series of processes such as alloy preparation, structural evaluation, physical property evaluation, and discussion on results. By solving various problems that occur in the experiment one by one, we also acquire problem solving ability. This class is closely related to "obtaining highly specialized research and development skills" in the Curriculum Policy 1. 
目的
Objectives
与えられた修士論文テーマに関して、その背景を調べ、未解明な事項を抽出し、実験方法を策定し、実験を実施し、データを整理・解析を行い、一定の結論を導き、修士論文にまとめることで、高度な研究能力を培い、かつ、課題解決能力も養うことが目的である。

The purpose is to cultivate high-level research ability and also to develop problem-solving ability, by investigating the background about the master's thesis theme given, extracting unexplained matters, deciding the experiment method, carring out the experiment, organizing the data and analyzing them, drawing certain conclusions, and putting it in the master's thesis.  
到達目標
Outcomes
与えられた研究テーマに対し、自ら、実験方法を策定し、実験を実施し、データ整理・解析を行い、科学論文にまとめられるようになることが目標である。

The goal is to determine the experimental method, conduct experiments, organize data and analyze data, and acquire the ability to put together in a scientific dissertation for a given research theme. 
履修上の注意
Course notes prerequisites
安全には十分注意する。

Pay close attention to safety  
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
- 小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
- グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
- 反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
実験内容を事前に確認する。得られた結果はきちんと整理する。

Confirm the contents of the experiment in advance. Organize the obtained results properly. 
成績評価方法
Performance grading
policy
上記の目標の達成度に応じて、評価する。

Evaluate according to the degree of achievement of the above goals.
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
なし

N/A
授業計画
Class plan
実験内容
金属原料を所定の組成で秤量し、アーク炉あるいは電気炉を用いて母合金を作製し、液体急冷や熱処理、焼結を施して新規金属材料を開発する。得られた材料の評価をX線回折、XRF分析、電子回折、SEM観察により行い、各種特性評価実験を行う。得られた結果を吟味・検討し、次の実験指針を定める。

実験テーマの例
(1)新しいハイパーマテリアルの探索
(2)ハイパーマテリアルのの電子・磁気物性
(3)新規永久磁石の開発
(5)貴金属宝飾品への新規機能付与

1 試料作製方針立案
2 試料作製
3 試料評価
4 物性測定
5 結果の検討
1~5のステップを繰り返すことで、実験をすすめる。

Experiment contents
New metallic material are synthesized by weighing raw materials with the predetermined compositions, preparing mother alloys using an arc furnace or an electric furnace, subjecting them to liquid quenching, heat treatment and sintering.For the evaluation of the obtained materials, X-ray diffraction, XRF analysis, electron diffraction and SEM observation are carried out in order to characterize the materials. The results obtained are examined and the subsquent experiment guidelines are determined.

Experiment theme examples
(1) Search for new hypermaterials
(2) Electronic and magnetic properties of hypermaterials
(3) Development of new permanent magnets
(4) Development of new function of noble metals

1 Determination of sample preparation policy
2 Sample preparation
3 Sample evaluation
4 Measure physical properties
5 Review of results
Experiments are proceeded by repeating the steps 1 to 5.
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
998C965
CLOSE