マテリアル工学特別実験1Aのシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
マテリアル工学特別実験1A 科目番号
Course number
82GRRES503
科目名称(英語)
Course title(English)
Advanced Laboratory Experiments for Materials Science and Technology1A
授業名称
Class name
マテリアル工学特別実験1A
教員名 小柳 潤
Instructor Jun Koyanagi
開講年度学期 2022年度 前期
Year/Semester 1st Semester
曜日時限 集中講義
Class hours Intensive Course
開講学科
Department
先進工学研究科 マテリアル創成工学専攻
Department of Materials Science and Technology
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
2.0 授業の主な実施形態
Main class format
対面授業/On-site class
概要
Descriptions
複合材料工学を題材として,背景の正確な調査,課題の咀嚼,具体的解決法の考案・計画,および実施という課題解決の過程を経験すること,またその成果を発表する経験を通して,思考力と問題解決能力,ならびにプレゼンテーション能力を養う。本講義は本学科のディプロマポリシー「材料工学の専門を基盤として社会に貢献するクリエイティブな人材の育成」の目的達成の一環をなすものである。 
Educate thinking alibity, problem-solving ability, and presentation ability by experiencing the research process of composite materials research, background investigation, breaking down objects, planning, implementation, and presenting the results. This course plays a role for achieving the objective of diploma policy in this department, "Development of Creative Human Resources Contributing to Society Based on Material Engineering".
目的
Objectives
職業能力として,思考力,問題解決能力,プレゼンテーション能力を身につける。
Learn thinking alibity, problem-solving ability, and presentation ability as working qualifications.
到達目標
Outcomes
複合材料工学をよく理解すること。設定した問題を整理して解決し,その内容を的確に報告できること。また成果を国際的に発信するべくTOEIC600点に相当する英語力を身につけること。
Understand composite materials engineering. Be able to solve the problems and present them appropriately. Score 600 in TOEIC.
履修上の注意
Course notes prerequisites
-
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
グループワーク
Group work
プレゼンテーション
Presentation
反転授業
Flipped classroom
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
必要性に応じて,自らの判断により予習復習を十分に行うこと。
Perform sufficiently preparation and review for each class if need.
成績評価方法
Performance grading
policy
理解度,進捗状況,発表内容等により総合的に評価する。
Evaluated considering progress, understanding, presentation etc.
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
-
授業計画
Class plan
1.弾性論基礎
Fundamental of elasticity
2.弾性論応用
Advance of elasticity
3.有限要素解析法基礎
Fundamental of finite element method
4.有限要素解析法応用
Advance of finite element method
5.粘弾性力学基礎
Fundamental of viscoelasticity
6.粘弾性力学応用
Advance of viscoelasticity
7.分子シミュレーション基礎
Fundamental of molecular simulation
8.分子シミュレーション応用
Advance of molecular simulation
9.CFRP力学特性基礎
Fundamental of mechanical properties for CFRP
10.CFRP力学特性応用
Advance of mechanical properties for CFRP
11.破壊力学基礎
Fundamental of fracture mechanics
12.破壊力学応用
Advance of fracture mechanics
13.実験力学基礎
Fundamental of experimental mechanics
14.実験力学応用
Advance of experimental mechanics
15.理解度チェック
Overall exam
教職課程
Teacher-training course
-
実務経験
Practical experience
FY2006-2012 Work in JAXA
教育用ソフトウェア
Educational software
ABAQUS, J-OCTA
備考
Remarks
-
998C958
CLOSE