マテリアル工学特別講義3のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
マテリアル工学特別講義3 科目番号
Course number
82GRRES507
科目名称(英語)
Course title(English)
Advanced Lecture Course on Materials Science and Technology 3
授業名称
Class name
マテリアル工学特別講義3
教員名 西尾 圭史,田村 隆治,秋山 好嗣,安盛 敦雄,曽我 公平,梅澤 雅和,小嗣 真人,勝又 健一,前田 敬
Instructor Keishi Nishio, Ryuji Tamura, Tsuguyosi Akiyama, Atsuo Yasumori, Kohei Soga, Masakazu Umezawa, Makoto Kotsugi, Kei Maeda
開講年度学期 2022年度 前期
Year/Semester 1st semester FY2022
曜日時限 集中講義
Class hours Intensive lecture
開講学科
Department
先進工学研究科 マテリアル創成工学専攻
Department of Materials Science and Technology, Graduate School of Advanced Engineering
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
2.0 授業の主な実施形態
Main class format
対面授業/On-site Class
概要
Descriptions
ディプロマポリシーに述べられている、グローバルな視点で科学技術や社会の動向に広く関心を持ち、専門性に長けた科学者および技術者として多様な人々と協働して研究を行う人材の育成を目指した科目である。連携大学院教員や外部講師による講義を通して、材料工学およびそれに関連する幅広い分野の研究や知識の習得を行う。

Students will acquire materials engineering and a wide range of related research and knowledge through lectures by collaborating graduate teachers and guest speakers. 
目的
Objectives
マテリアル創成工学専攻は、新素材デザイン、新機能デザイン、環境・エネルギー、航空・宇宙の4分野で構成されるが、材料の在来の枠組みに捉われることなく、材料工学およびそれに関連する幅広い分野の研究や知識に触れることにより、材料工学に関する新しい視点を有する人材を育成することを目的とする。  

Department of Materials Science and Technology consists of four fields: new material design, new functional design, environment and energy, and aerospace, but materials are not confined to the conventional framework of materials. The purpose is to cultivate human resources who have a new perspective on material engineering by touching engineering and a wide range of research and knowledge related to it.
到達目標
Outcomes
各回の講義内容について、理解し、自身のキャリアに役立てられること。さらに、講義内容を適切にまとめられること。

Understand the content of each lecture and be useful for your own career. In addition, you should be able to organize the course content properly.
履修上の注意
Course notes prerequisites
-
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
- グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
- 反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
担当教員より事前または事後に参考資料が提示される場合があるので掲示・アナウンスに注意すること。
Be aware of postings and announcements as reference materials may be presented in advance or after the instructor in charge.
成績評価方法
Performance grading
policy
講義への出席を基本とし、講義内に出される課題を期限内に提出する。これらをもとに総合的に評価する。
出席と課題がそろうことで評価を与える。
Based on attendance at the lecture, submit the issues to be presented in the lecture on time. Comprehensively evaluate based on these.
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
-
授業計画
Class plan
【教室】608教室

課題については、講演者から特に指示がない限り、講義内容の要約600字程度、および考察・感想等600字程度を合わせてA4、1ページ以内に収めたレポートをMS-Wordにて作成し、PDFファイルにて提出してください。講演者から指示があった場合にはその指示に従ってください。冒頭に必ず学籍番号と氏名を明記してください。
Regarding the assignments, unless otherwise instructed by the lecturer, create a report in A4, 1 page or less, including a summary of the lecture content of about 600 characters and thoughts / impressions of about 600 characters, using MS-Word. Please submit as a PDF file. Follow the instructions given by the speaker. Please be sure to specify your student ID number and name at the beginning.

●第1 2022年4月13日(水) 3限 西尾
ガイダンス
Guidance
第1回講義のガイダンスのみ、完全オンラインで実施します。

●第2,3回 2022年4月20日(水) 3~4限 許亜先生(田村先生)
「金属組織制御を利用した水素製造触媒の研究」
次世代のクリーンエネルギーとして期待されている水素の製造方法と触媒について概説し、金属微細組織・構造制御による新規水素製造触媒の研究を紹介する。
"Research on hydrogen production catalysts using metallographic structure control "
We will outline the hydrogen production method and catalyst that are expected as next-generation clean energy, and introduce the research of new hydrogen production catalysts by controlling the metal microstructure and structure.

●第4,5回 2022年5月11日(水) 3~4限 秋山好嗣先生
「DNAマテリアルにならう機能性有機材料の分子設計」
生命現象をつかさどるDNAは、機能素材として注目されています。本講義の前半では、DNAの物理化学的な基礎特性と有機合成化学的なアプローチによるDNA合成法を概説します。後半は、DNAを機能性有機材料として活用するための合理的な分子設計と応用展開の可能性について紹介します。
"Molecular design of functional organic materials that follow DNA materials "
DNA, which controls life phenomena, is attracting attention as a functional material. In the first half of this lecture, we will outline the basic physicochemical properties of DNA and the method of DNA synthesis using synthetic organic chemistry approaches. In the second half, we will introduce the possibility of rational molecular design and application development for utilizing DNA as a functional organic material.

●第6,7回 2022年5月18日(水) 3~4限 梅澤雅和先生
「体の中でのナノ物質の動き」
新奇機能を発揮し生体応用の期待されるナノ材料の、生体内での挙動及び活性の研究の進展や分析技術を解説する。特に、カーボンナノチューブなどの無機材料を取り上げる
"Behavior of Nano-Scale Substances in Living Organisms"
Recent advances and analysis techniques in the in-vivo behavior and activity of nanomaterials, especially inorganic materials such as carbon nanotubes, that show novel functions and are expected to be applied to biomedical fields will be reviewed.

●第8,9回 2022年6月1日(水) 3~4限 永村直佳先生(小嗣先生)
「放射光を活用した分析技術と材料科学への応用」
放射光は、実験室の分析装置では性能不足で解析できない物性の計測を可能にするプローブ光である。放射光を用いた基礎的な分析技術から、実際の半導体素子や電池、触媒などへの先端的分析事例までを紹介しつつ、その活用法について概説する。
"Analytical technology utilizing synchrotron radiation and its application to material science "
Synchrotron radiation is probe light that enables measurement of physical properties that cannot be analyzed due to insufficient performance with laboratory analyzers. From basic analysis technology using synchrotron radiation to advanced analysis examples for actual semiconductor devices, batteries, catalysts, etc., we will outline how to use them.

●第10,11回 2022年6月8日(水) 3~4限 森田孝治先生(曽我先生)
「セラミックス材料工学」
セラミックスに関し、関連分野の知識の習得を行うことを目的に、その代表的な創製プロセスである焼結法から、力学特性や光学特性などの機能特性の支配因子について概説する。
"Ceramic material engineering "
For the purpose of acquiring knowledge in related fields regarding ceramics, we will outline the governing factors of functional properties such as mechanical properties and optical properties from the sintering method, which is a typical creation process.

●第12, 13回 2022年6月29日(水) 3~4限 瀬川浩代先生(安盛先生・勝又先生)
「非晶質材料の作製とその評価・解析」
ガラスを中心とした非晶質材料に関する基礎的な講義を行い、その作製方法と評価方法を概説する。続いて、ガラスの作製方法としても知られるゾル-ゲル法を用いた材料作製についての講義を行う。また、電気化学的な手法である陽極酸化を用いたアモルファス膜作製技術の紹介と機能性材料の創製に関しても概説する。
"Fabrication of amorphous materials and their evaluation / analysis "
A basic lecture on amorphous materials centered on glass will be given, and the manufacturing method and evaluation method will be outlined. Next, we will give a lecture on material production using the sol-gel method, which is also known as a glass production method. It also outlines the technique for forming amorphous films using anodizing, which is an electrochemical method, and the creation of functional materials.

●第14, 15回 2022年7月13日(水) 3~4限 前田 敬先生
「高機能ガラス概論」
ガラスは目的に応じて広範囲に特性の調整が可能であり、現代社会では様々なガラス製品が使われている。本講では講師の企業経験に基づいたガラス製品に関わるR&Dの実際と、新しい機能をもったガラスの最新の研究を紹介する。
"Introduction to high-performance glass"
Many glass products are used in our modern society thanks to their wide ragne of properties. In this lecture, actual R&D in new glass products are introduced, as well as the latest progress of research on new functional glasses.
教職課程
Teacher-training course
-
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
2限連続講義の場合には各回で出席登録をすること。
出席が認められない場合には課題の評価が与えられない。
必ず出席を登録すること。
In the case of 2 consecutive lectures, register for attendance at each lecture.
If attendance is not accepted, the assignment will not be evaluated.
Be sure to register your attendance.
998C782
CLOSE