マテリアル工学特別講義2のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
マテリアル工学特別講義2 科目番号
Course number
82GRRES506
科目名称(英語)
Course title(English)
Advanced Lecture Course on Materials Science and Technology 2
授業名称
Class name
マテリアル工学特別講義2
教員名 西尾 圭史,菊池 明彦,飯田 努,向後 保雄,高梨 良文,小柳 潤,上村 真生
Instructor Keishi Nishio, Akihiko Kikuchi, Tsutomu Iida, Yasuo Kogo, Jun Koyanagi, Masao Kamimura
開講年度学期 2022年度 後期
Year/Semester 2nd Semester FY2022
曜日時限 集中講義
Class hours Intensive lecture
開講学科
Department
先進工学研究科 マテリアル創成工学専攻
Graduate School of Industrial Science and Technology
Department of Materials Science and Technology
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
2.0 授業の主な実施形態
Main class format
対面授業/On-site class
概要
Descriptions
外部講師による講義を通して、材料工学およびそれに関連する幅広い分野の研究や知識の習得を行う。
Students will acquire materials engineering and a wide range of related research and knowledge through lectures by collaborating graduate teachers.
目的
Objectives
マテリアル創成工学専攻は、新素材デザイン、新機能デザイン、環境・エネルギー、航空・宇宙の4分野で構成されるが、材料の在来の枠組みに捉われることなく、材料工学およびそれに関連する幅広い分野の研究や知識に触れることにより、材料工学に関する新しい視点を有する人材を育成することを目的とする。  
Department of Materials Science and Technology consists of four fields: new material design, new functional design, environment and energy, and aerospace, but materials are not confined to the conventional framework of materials. The purpose is to cultivate human resources who have a new perspective on material engineering by touching engineering and a wide range of research and knowledge related to it.
到達目標
Outcomes
各回の講義内容について、理解し、自身のキャリアに役立てられること。さらに、講義内容を適切にまとめられること。
Understand the content of each lecture and be useful for your own career. In addition, you should be able to organize the course content properly.
履修上の注意
Course notes prerequisites
担当教員より事前または事後に参考資料が提示される場合があるので掲示・アナウンスに注意すること。 
Be aware of postings and announcements as reference materials may be presented before or after the lecturer.
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
- グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
- 反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
成績評価方法
Performance grading
policy
講義への出席を基本とし、講義中に出される課題を期限内(講義終了から1週間)に提出する。これらを基に総合的に評価する。
Based on attendance at the lecture, submit the issues to be presented in the lecture on time. Comprehensively evaluate based on these.
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
授業計画
Class plan
【教室】608教室

【レポート課題】
講演者から特に指示がない限り、講義内容の要約600字程度、および考察・感想等600字程度を合わせてA4用紙1ページ以内に収めたレポートをMS-Wordにて作成し、PDFファイルにて1週間後の16:00までに提出してください。講演者から指示があった場合にはその指示に従ってください。冒頭に必ず学籍番号と氏名を明記してください。
[Report]
Unless otherwise instructed by the lecturer, create a report in MS-Word that contains about 600 characters of the summary of the lecture content and about 600 characters of thoughts and impressions within one page of A4 paper, and use it as a PDF file. Please submit by 16:00 one week later. Follow the instructions given by the speaker. Please be sure to specify your student ID number and name at the beginning.

●第1回 2022年9月14日(水) 3限 西尾
ガイダンス
Guidance

●第2,3回 2022年9月21日(水) 3,4限 山田和彦先生(小柳先生)
「大気圏突入機の研究開発とその先進的技術」
将来の宇宙開発の発展や自在な惑星探査の実現のためには、宇宙空間から大気圏へ突入する技術は必須である。宇宙機は、大気圏に突入する際に、空力加熱と呼ばれる現象により、超高温気体にさらされる。そのような極限的な環境で、宇宙機を守り安全に地球や惑星表面に到達する技術に関して、実際の研究開発の経験を交えて紹介する。
"Research and development of atmospheric entry aircraft and its advanced technology "
n order to develop future space development and realize free planetary exploration, technology to enter the atmosphere from outer space is indispensable. When a spacecraft enters the atmosphere, it is exposed to ultra-high temperature gas by a phenomenon called aerodynamic heating. In such an extreme environment, we will introduce the technology to protect the spacecraft and reach the surface of the earth and planets safely with the experience of actual research and development.

●第4, 5回 2022年10月5日(水) 3, 4限 荏原充宏先生(菊池先生)
「スマートポリマーで拓く未来医療」
外部からの刺激に応答してその性質を変化させるユニークな高分子材料“スマートポリマー”の設計とその医療応用例を紹介します。
"Future medical care pioneered with smart polymers "
Introducing the design of a unique polymer material "smart polymer" that changes its properties in response to external stimuli and its medical application examples.

●第6, 7回 2022年10月12日(水) 3, 4限 中西淳先生(上村)
「バイオ分析材料」
生物科学の近年の著しい進歩に追随するには,学際領域に目を向けながら,新しい方法論を探し求める分析科学的マインドが不可欠である。本講義では,材料を活用して生命現象・病態に迫るバイオ分析技術にフォーカスし,その基礎および最新の研究について概説する。
"Bio-analytical material "
To keep up with the remarkable advances in biological science in recent years, an analytical science mindset that seeks new methodologies while looking at interdisciplinary fields is essential. In this lecture, we will focus on bioanalytical technology that approaches life phenomena and pathological conditions by utilizing materials, and outline the basics and the latest research.

●第8, 9回 2022年10月19日(水) 3, 4限 後藤先生(向後)
「宇宙航空用途複合材料」
ロケットや衛星で複合材料がどのように使用されているか、実例とともに講述する。
"Aerospace applications Composite materials "
We will give a lecture on how composite materials are used in rockets and satellites, along with actual examples.

●第10, 11回 2022年10月26日(水) 3, 4限 高梨先生(西尾)
「ナノエレクトロニクス・ナノフォトニクス」
ナノ構造がエレクトロニクスの分野においてどのような役割を果たしてきたか、今後どのような展開が期待できるかについて解説する。
"Nanoelectronics / Nanophotonics "
We will explain what role nanostructures have played in the field of electronics and what kind of developments can be expected in the future.

●第12, 13回 2022年11月2日(水) 3, 4限 李哲虎先生(飯田)
「量子ビームを活用した材料設計」
高性能な材料の開発には適切な設計指針が欠かせない。本講義では中性子散乱を用いた材料研究を紹介し、物性の理解が材料開発にどのように役立つのかを学ぶ。
"Material design utilizing quantum beam "
Appropriate design guidelines are essential for the development of high-performance materials. In this lecture, we will introduce material research using neutron scattering and learn how understanding of physical properties is useful for material development.

●第14, 15回 2022年11月30日(水) 3, 4限 石黒孝先生(西尾)
「材料物性研究の基礎理論」
材料物性研究に必要な基礎理論の俯瞰的構造(関係性)について講義する
"Basic theory of material property research "
Lecture on the bird's-eye view structure (relationship) of the basic theory necessary for material property research
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
2限連続講義の場合には各回で出席登録をすること。
出席が認められない場合には課題の評価が与えられない。
必ず出席を登録すること。
In the case of 2 consecutive lectures, register for attendance at each lecture.
If attendance is not accepted, the assignment will not be evaluated.
Be sure to register your attendance.
998C781
CLOSE