電子システム工学特別輪講2のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
電子システム工学特別輪講2 科目番号
Course number
81ZZZZZ603
科目名称(英語)
Course title(English)
Advanced in Electronics System Seminar 2
授業名称
Class name
電子システム工学特別輪講2
教員名 相川 直幸
Instructor Naoyuki Aikawa, Makoto Itami, Tetsuya Harada, Shin-ichi Satake, Jun Taniguchi, Kenji Shiba, Kazuyasu Tokiwa, Tadashi Ando, Hiroki Fujishiro, Tatsuya Kai, Nobuyuki Masuda, Takashi Ikuno, Ryoutarou Sekine, Takao Okabe, Akira Endoh
開講年度学期 2022年度 前期~後期
Year/Semester Second Semester
曜日時限 前期(集中講義)、後期(集中講義)
Class hours Intensive Course
開講学科
Department
先進工学研究科 電子システム工学専攻
Graduate School of Advanced Engineering Department of Applied Electronics  
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
2.0 授業の主な実施形態
Main class format
ブレンド型授業/Blended format
概要
Descriptions

自分の研究テーマに関する英語文献を調査し,分かりやすくプレゼンできるようになることを目標とする。
Students will be able to provide a comprehensive and accurate presentation using survey of the English-language literature on your research theme
目的
Objectives
基礎的な英文文献調査能力および実験技法を身に付けることを目的とする。
本専攻のディプロマ・ポリシーに定める,
『高度な専門知識・研究能力および教養をもとに,自らが展開する科学・技術について,人間,社会および地球環境との調和の観点から評価できる能力』
を修得する。

The purpose of this class is to acquire basic skills in investigating the research in English. This class corresponds to the Diploma Policy “We can solve a problem with a judgment made by gathering and analyzing information for various tasks based on expert knowledge, research ability and accomplishment. 

到達目標
Outcomes
自分の研究テーマに関する英語文献を調査し,分かりやすくプレゼンできるようにする。
Students will be able to provide a comprehensive and accurate presentation using survey of the English-language literature on your research theme 
履修上の注意
Course notes prerequisites
適宜,指示する。
Instruct as appropriate 
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
- 小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
- グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
- 反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
準備学習:研究に関連ある事柄について調べる

復習:修正、再調査すること。
Preparation:
To survey literature related to the research theme
Review:
Revise the report and research the literature again.

成績評価方法
Performance grading
policy
平常点(発表内容、課題提出)とプレゼンの内容により評価する。
Evaluate according to the attitude in class and the content of the presentation.
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
適宜,指示する。
Instruct as appropriate 
授業計画
Class plan
1~15 論文紹介   
     自分の研究分野と関連のある論文を読み内容を纏め紹介する
1~15 The English literature introduction
To present a survey of the English-language literature related to the research theme.
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
998B869
CLOSE