キャリアのためのマテリアル工学論のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
キャリアのためのマテリアル工学論 科目番号
Course number
82AMCMF304
科目名称(英語)
Course title(English)
Materials Science and Technology for Career
授業名称
Class name
キャリアのためのマテリアル工学論
教員名 小柳 潤,菊池 明彦,西尾 圭史,古江 広和,飯田 努,向後 保雄,田村 隆治,曽我 公平,梅澤 雅和,上村 真生,小嗣 真人,前田 敬,渡邊 敏之,保原 浩明
Instructor Ryuji Tamura, Akihiko Kikuchi, Keishi Nishio, Tsutomu Iida, Yasuo Kogo, Atsuo Yasumori, Kohei Soga, Takashi Ishiguro, Jun Koyanagi, Masao Kamimura, Masato Kotsugi, Takayuki Nakanishi
開講年度学期 2022年度 前期
Year/Semester 1st semester FY2022
曜日時限 木曜4限
Class hours Thursday 4th period
開講学科
Department
マテリアル創成工学科
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
単位
Course credit
2.0 授業の主な実施形態
Main class format
初期値として5つの授業形態を記載してありますので、適切なものを残し、他は削除してください。
Five class formats are given as default settings. Choose the appropriate ones and delete the others.

ハイフレックス型授業/Hybrid-Flexible format
ブレンド型授業/Blended format
対面授業/On-site class
オンライン授業(同期)/Online (synchronized remote)
オンライン授業(非同期)/Online (asynchronized remote)
概要
Descriptions
先進工学を学ぶ学生諸君が自身のキャリア形成を考える上で、先進工学全体的な展望を失わないようにするために、先進工学の広い範囲にわたって最新の情報を 知ることが重要である。本科目は将来のキャリアプランを考えている学生や、マテリアルの専門分野に興味がある学生を対象としています。先端領域における最新情報や研究開発事例を直接聴講し、将来のキャリア形成の契機とする。

Students studying advanced engineering are important to know the latest information over a wide range of advanced engineering so as not to lose the overall perspective of advanced engineering in considering their career formation. 
目的
Objectives
このために最先端の研究を行っている研究者に講師をお願いして、基礎工学のさまざまな分野における進展について話題を提供して解説 していただく。
For this purpose, the researchers conducting state-of-the-art research will give lecturers and provide topics on progress in various fields of basic engineering. 
到達目標
Outcomes
これにより講師の先生方の体験とキャリア形成の実践を参考にすることができるとともに、基礎工学分野に対する広い視野をもってキャリア形成 を考えていくことができる。

Studens can refer to the experiences of the lecturers and practice of career formation, and students can think about their career formation with a broad perspective on the basic engineering field.
履修上の注意
Course notes prerequisites
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
- 小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
- グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
- 反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
成績評価方法に記載の課題について考察し、まとめること。
Consider and summarize the issues described in the grade evaluation method. 
成績評価方法
Performance grading
policy
【レポート課題】
レポートはワープロを使用して作成し、PDFに変換してLETUSに提出すること。ファイルネームは“学籍番号氏名”とすること。
課題①:各回の授業内容について、その概略を400字程度と意見や感想(350〜400字程度)などを、併せてA4用紙1枚以内に記述しなさい。
課題②:講義を受ける前後で、自身のキャリア形成に対する意識はどのように変わったか、5年後、10年後の自分をそれぞれ思い描いてその考えを述べなさい。
課題③:1年半後に基礎工学の専門家として自立することを考えたとき、自らの抱負を述べなさい。
②、③の課題2題に対しA4用紙各1枚に記述し、1つのファイルとしてPDFで提出すること。
表紙は不要、書式は自由とする。
ただし、授業名、学籍番号、氏名ならびに講義担当者名を最初に必ず明記すること。「人まね」は絶対にしないこと。人まねをした場合は、その回のレポートは原本、複本の作成者を問わず評価を下げる措置をします。

提出期限 課題①:次回の本講義開始時間(14:30)まで
     課題②・③:15回目の講義にて指定する
レポート提出先:LETUS

【Report issue】
Write a report using a word processor, convert it to PDF and submit it to LETUS. Filename should be "Student ID Full Name".
Task ①: Please describe the outline of each lesson content about 400 letters, opinion and impressions (about 350 to 400 letters) etc together within one A4 size form.
Task ②: How will your awareness of career formation change before and after receiving a lecture, please state your idea after 5 years and 10 years later, respectively.
Task ③: When thinking about self-reliance as an expert in basic engineering one and a half years later, state your ambition.
Describe the two subjects of ② and ③ on one A4 size sheet and submit it as PDF file as one file.
Cover is unnecessary, formatting is free.
However, be sure to state the class name, student ID number, name and lecturer name first at the beginning. Do not absolutely do copying of other person's report. In the case of doing such a thing, the report on that time will take measures to lower the evaluation regardless of the originals, duplicates.

Submission deadline task ①: Before the next lecture start time (14:30)
Takss ② · ③: before 14:30 on September 16
Report submission destination: LETUS 
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
授業計画
Class plan
1 (小柳) キャリアについての一般的な講義。
2 (小嗣) 電子物性 グリーンナノ科学で活躍中の外部講師をお招きし、最新の研究情勢を直接学生に還元する。基礎研究から産業応用まで幅広く話を伺い、キャリア形成の契機とする。
3 (古江) 液晶材料 外部講師の話を聴講し、製造装置・プロセス、真空技術、光学部材の特性について理解できるようになる。また、経験談を通じてキャリア形成のための指標が得られる。
4(梅澤)ゲーミフィケーションを活用した社会解決課題への取り組みに実績のある外部講師を招き、専門知や技術の社会実装や政策提言にある課題と求められるスキルを議論し、理解する。
5 (渡邊)論理的思考とデザイン思考の融合によりプラスチック問題の解決に取り組む研究について理解する。
6 (小柳) 複合材料 複合材料の外部講師にお招きし、複合材料を含む材料全般について、お話を伺う。社会人の立場からのメッセージも予定されている。
7 (西尾) 無機材料 電気・磁気・光機能性を有するガラスやセラミックスを中心に材料物性を理解できるようになることと、これらの知識や技術、ものの考え方などを通してどのようにキャリア形成に反映させることができるかなど、外部講師にお招きし、将来の指標となる知識が得られる。
8 (曽我) 材料工学を専門として学んだ人材の社会での活躍のあり方について、「材料工学と社会とあなた」と題した外部講師にお招きし、パネルディスカッションを通して多角的な視点から考え、理解できるようになる。
9 (田村) 新金属材料の最近の動向について、第一線で活躍する研究者の話を聴講し、実用金属材料の工学、動向及び今後の方向性について理解できるようになる。
10 (菊池) 生体機能高分子材料 バイオセンシングのための電気化学から、新しい医用ナノ高分子材料の最近の展開について、特に薬物の制御放出を可能とするナノ粒子に用いられる材料の特性とその応用を理解できる。講義を通じ、就職後のキャリア形成について考えることができる。
11 (前田)最先端の学術的知見とガラス材料組成・製造技術を融合することによって、機能向上や信用と開拓の研究について理解する。
12(飯田) 環境低負荷半導体材料 地球上に豊富に存在し、生物・地球環境に優しい材料から構成される環境半導体の太陽電池や排熱発電素子などエネルギー変換素子への応用について外部講師により解説していただき、技術要素と社会のニーズについてわかるようになる。
13 (上村) 高分子材料 高分子化合物の設計およびそれらの材料の応用について理解できる。また、研究・技術系におけるキャリア形成について考えることができる。
14 (保原)身体運動の原理、原則、仕組みを力学的に解明し、福祉機器やスポーツ用品開発に関する研究について理解する。
15(小柳)材料工学とキャリア形成について総括し、また、各自が成績評価方法に記載の課題②③についてまとめることで本講義のまとめを行う。

1 (Koyanagi) Composite materials We invite an outside lecturer on composite materials to talk about materials in general, including composite materials. A message from the standpoint of a member of society is also planned.
2 (Kotsugi) Electronic properties We invite an outside lecturer who is active in green nanoscience to directly return the latest research situation to students. We will listen to a wide range of topics from basic research to industrial applications, and use this as an opportunity for career development.
3 (Furue) Liquid crystal materials By listening to an outside lecturer, you will be able to understand the manufacturing equipment / processes, vacuum technology, and characteristics of optical components. In addition, an index for career development can be obtained through experience stories.
4 (Umezawa) The issues and required skills in social implementation and policy proposal regarding specialized knowledge and technologies will be discussed with an invited lecturer who has experiences in addressing social issue solutions using gamification.
5 (Watanabe) Understand research that tackles the solution of plastic problems through the fusion of logical thinking and design thinking.
6 (Katsumata) Among functional inorganic materials, we will be able to understand the structure, physical characteristics, applications, and future prospects of various materials that exhibit catalysts and light emitting functions.
7 (Nishio) Inorganic materials: Being able to understand material properties centered on glass and ceramics with electrical, magnetic, and optical functionality, and how to reflect them in carrier formation through these knowledge, technologies, and ideas of things. By inviting an outside instructor, such as whether or not you can do it, you will be able to obtain knowledge that will be an indicator for the future.
8 (Soga) We invited an outside lecturer entitled "Materials Engineering, Society and You" to think and understand from various perspectives through panel discussions on how human resources who specialize in materials engineering should play an active role in society. become able to.
9 (Tamura) You will be able to listen to the stories of researchers who are active on the front lines about the recent trends in new metal materials, and understand the engineering, trends, and future directions of practical metal materials.
10 (Kikuchi) Biofunctional polymer materials From electrochemical for biosensing to recent developments of new medical nanopolymer materials, especially the characteristics of materials used for nanoparticles that enable controlled release of drugs and their applications Can understand. Through the lecture, you can think about career development after employment.
11 (Maeda) Understand research on functional improvement, credibility, and pioneering by fusing cutting-edge academic knowledge with glass material composition and manufacturing technology.
12 (Iida) Environmental low-load semiconductor materials Explained by an external lecturer about the application of environmental semiconductors, which are abundant on the earth and are composed of materials that are friendly to living organisms and the global environment, to energy conversion elements such as solar cells and waste heat power generation elements. You will be able to understand the technical elements and social needs.
13 (Kamimura) Polymer materials Understand the design of polymer compounds and the application of those materials. You can also think about career formation in research and technology.
14 (Hobara) Understand research on the development of welfare equipment and sports equipment by mechanically elucidating the principles, principles, and mechanisms of physical exercise.
15 (Koyanagi) This lecture will be summarized by summarizing material engineering and career development, and by summarizing the tasks (2) and (3) described in the grade evaluation method.
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
9982C33
CLOSE