卒業研究のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
卒業研究 科目番号
Course number
82UGRES401
科目名称(英語)
Course title(English)
Graduation Research
授業名称
Class name
卒業研究
教員名 梅澤 雅和
Instructor Masakazu UMEZAWA
開講年度学期 2022年度 前期~後期
Year/Semester 1st and 2nd Semesters, FY2022
曜日時限 前期(集中講義)、後期(集中講義)
Class hours Intensive Course
開講学科
Department
先進工学部マテリアル創成工学科
Department of Materials Science and Technology, Faculty of Advanced Engineering
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
単位
Course credit
6.0 授業の主な実施形態
Main class format
ブレンド型授業/Blended format
概要
Descriptions
これまでの学修内容を基に、問題設定・課題解決力を身につけるための科目である。ナノメディカル工学分野の研究に取り組む。
Acquire the ability to set problems and to solve them via working on research in the field of nano-biomedical engineering.
目的
Objectives
研究という営みを通して、問題設定と検証、論述のサイクルを体験的に理解する。本学科のカリキュラム・ポリシー第1項「既存の工学の枠を超えて、自由な発想で基礎科学の融合と展開を図り、産業の発展に寄与する新しい材料と新しい工学を創出する」という材料工学の理念に基づいた「材料工学の専門を基盤として社会に貢献するクリエイティブな人材の育成」という教育目的に沿って、高等教育機関の修了生として求められる課題設定・課題解決力を身につける。
The purpose is to acquire the abilities of problem setting and solving as a graduate of a high education institution (university) by experientially understanding the cycle of problem setting, investigation/verification, and academic writing through the activity of research.
到達目標
Outcomes
背景の調査、目的の把握・理解、各々のテーマ設定に応じた実験条件の検討、実験装置の取り扱い、データの分析と考察、論述、プレゼンテーションと議論という種々の問題解決に必要な過程を自主的に行えるようになること。
Be able to carry out a series of research activities, such as background research, understanding the purpose, setting the experimental conditions according to each purpose, handling the experimental equipment, data analysis, and academic writing, presentation and discussion.
履修上の注意
Course notes prerequisites
実験中の安全に十分注意すること。
Pay close attention to safety during the experiment.
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
小テストの実施
Quiz type test
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
グループワーク
Group work
プレゼンテーション
Presentation
反転授業
Flipped classroom
その他(自由記述)
Other(Describe)
準備学習・復習
Preparation and review
各回の研究結果を十分理解し、指導教員と定期的な打ち合わせを行い、議論を通して一つ一つの結論を導出するまでの試行錯誤が重要である。卒業研究を通して自身の得られる能力に意識的であること。
Fully understand the results of each experiment, hold regular meeting with the supervisor, and repeat trials and errors for drawing each conclusion through discussions. Be conscious of the abilities you can acquire through activity of the graduation research.
成績評価方法
Performance grading
policy
研究室セミナーでのレポート及び質疑応答、ならびに卒業論文、卒業研究発表により評価する。
Evaluation based on reports and debating at lab. seminar, graduation thesis, and graduation research presentation.
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
適宜指示する。
Instructed on the class.
授業計画
Class plan
各々の研究テーマに応じた文献調査、目標設定、実験、解析、考察、議論、まとめと報告のサイクルの中で上記の概要、目的、到達目標に示した能力を修得する。
研究テーマ例は次のとおりである。
・ナノ粒子表面におけるタンパク質構造変化の解明
・DDSのためのタンパク質ナノ粒子の立体構造制御
・生体由来のナノ粒子の構造と機能の解明
・薬効をもつナノ材料の近赤外蛍光標識
・脳機能のイメージング材料の開発
・生体分子の機械学習による新機能探索

Acquire the abilities shown in the above outline, purpose, and goals in the cycle of literature search, goal setting, experiment, analysis, consideration, discussion, summary and reporting according to each research theme. Examples of research themes are as follows.
・Dynamic structure control of biomolecules at nanoscale interfaces
・Conformation control of proteins as nano-carriers for drug delivery
・Structure and function of novel nanoparticles derived from biological tissues
・Near infrared fluorescence labeling of pharmaceutcal and environmental nanomaterials
・Fabrication of novel nanomaterials for imaging of brain function
・Exploration of novel function of biomolecules by machine learning
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
国内研究機関の研究員(バイオイメージング材料・薬学系)の勤務実績ならびに国内外共同研究(計算科学・医学・化学)の実績を活かし、ナノメディカル材料の研究を指導する。
Supervise the research related to nano-biomedical materials engineering based on the experience of international and cross-disciplinary works as a researcher (biophotonic materials / pharmaceuticals).
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
9982827
CLOSE