材料のプロセスと機能3のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
材料のプロセスと機能3 科目番号
Course number
82AMCMF302
科目名称(英語)
Course title(English)
Processing and Function of Materials 3
授業名称
Class name
材料のプロセスと機能3
教員名 小柳 潤,菊池 明彦,西尾 圭史,古江 広和,飯田 努,向後 保雄,田村 隆治,安盛 敦雄,曽我 公平,梅澤 雅和,麻生 隆彬,上村 真生,小嗣 真人,勝又 健一,渡邊 敏之,保原 浩明
Instructor Tsutomu Iida, Akihiko Kikuchi, Keishi Nishio, Hirokazu Furue, Yasuo Kogo, Ryuji Tamura, Yasumori Atsuo, Kamimura Atsuo, Kotsugi Masato
開講年度学期 2022年度 後期
Year/Semester 2022/ 2nd semester
曜日時限 水曜3限 水曜4限
Class hours Wednesday 3rd and 4th Periods
開講学科
Department
先進工学部 マテリアル創成工学科
Faculty of Advanced Engineering
Department of Materials Science and Technology
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
2.0 授業の主な実施形態
Main class format
ブレンド型授業/Blended format
概要
Descriptions
連携大学院で行っている研究内容を学修し、先端的な材料工学への導入とする。
本授業は主に、カリキュラムポリシー3項に基づいており、材料工学の専門家としての能力を養うための「専門科目」の一つである。
目的
Objectives
自らの将来の材料工学研究のビジョンを描くための一助とするとともに、広く学外の材料工学研究に触れることで、広い視野で材料工学研究を俯瞰できるようになることを目的とする。
到達目標
Outcomes
自らの将来の材料工学研究のビジョンを描くことができる。
広い視野で材料工学研究を俯瞰できるようになる。
履修上の注意
Course notes prerequisites
各自の学生証により毎回出席を登録すること。
2コマ連続の講義の場合はそれぞれ2回登録すること。
出席が確認できない場合は提出されたレポートは0点となる。
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
- グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
- 反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
成績評価方法
Performance grading
policy
【レポート課題】
連携大学院および学科の先生方の各授業内容について、その概略(800字程度)と意見や感想などを併せてA4用紙2枚以内にまとめること。

★下記期限までに各レポートをLETUSにて提出しなさい。
★表紙は不要、一行目に講義の日付、学籍番号、氏名を明記すること。
★マイクロソフトワードなどのワードプロセッサーで作成した指定形式のレポートを「 テキスト検索が可能なPDFファイル」に変換し、期限までにアップロードすること。
★以上の条件を満たさないレポートは、採点の対象にならないので、その回のレポートは零点となる。
★「剽窃(人まね)」は絶対にしないこと。剽窃した場合は、その回のレポートはどちらの学生に対しても評価を下げる措置をとる。
【レポート〆切日】 講義の翌週の水曜日12時50分まで
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
授業計画
Class plan
1回 9月14日3限 保原先生(東京理科大学先進工学部マテリアル創成工学科)「バイオメカニクス」
2回 9月14日4限 保原先生(東京理科大学先進工学部マテリアル創成工学科)「バイオメカニクス」
3回 9月21日4限 後藤先生(宇宙航空研究開発機構)「複合材料工学」(向後)
4回 9月28日3限 中西先生(物質・材料研究機構)「バイオマテリアル工学」(上村)
5回 9月28日4限 中西先生(物質・材料研究機構)「バイオマテリアル工学」(上村)
6回 10月5日3限 安盛先生(東京理科大学先進工学部マテリアル創成工学科)「無機材料工学」
7回 10月5日4限 安盛先生(東京理科大学先進工学部マテリアル創成工学科)「無機材料工学」
8回 10月12日3限 許先生(物質・材料研究機構)「金属材料工学」(田村)
9回 10月12日4限 永村先生(物質・材料研究機構)「放射光電子物性」(小嗣)
10回 10月19日3限 荏原先生(物質・材料研究機構)「スマートバイオマテリアル工学」(菊池)
11回 10月19日4限 レポート課題(小柳)
12回 10月26日3限 瀬川先生(物質・材料研究機構)「非晶質材料工学」(安盛・勝又)
13回 10月26日4限 山田先生(宇宙航空研究開発機構)「航空宇宙工学」(小柳)
14回 11月2日3限 森田先生(物質・材料研究機構)「ナノセラミックプロセス工学」(曽我)
15回 11月2日4限 森田先生(物質・材料研究機構)「ナノセラミックプロセス工学」(曽我)


1st September 14th, 3rd period Professor Hobara (Department of Materials Creation Engineering, Faculty of Advanced Engineering, Tokyo University of Science) "Biomechanics"
2nd September 14th, 4th period Professor Hobara (Department of Materials Creation Engineering, Faculty of Advanced Engineering, Tokyo University of Science) "Biomechanics"
3rd September 21st, 4th period Professor Goto (Japan Aerospace Exploration Agency) "Composite Materials Engineering" (Kogo)
4th September 28th, 3rd period Professor Nakanishi (National Institute for Materials Science) "Biomaterial Engineering" (Kamimura)
5th September 28th, 4th period Professor Nakanishi (National Institute for Materials Science) "Biomaterial Engineering" (Kamimura)
6th October 5th, 3rd period Professor Yasumori (Department of Materials Creation Engineering, Faculty of Advanced Engineering, Tokyo University of Science) "Inorganic Materials Engineering"
7th October 5th, 4th period Professor Yasumori (Department of Materials Creation Engineering, Faculty of Advanced Engineering, Tokyo University of Science) "Inorganic Materials Engineering"
8th October 12th, 3rd period Professor Xu (National Institute for Materials Science) "Metallic Materials Engineering" (Tamura)
9th October 12th, 4th period Professor Nagamura (National Institute for Materials Science) "Physical Properties of Radiated Photoelectrons" (Kotsugi)
10th October 19th, 3rd period Professor Ebara (National Institute for Materials Science) "Smart Biomaterial Engineering" (Kikuchi)
11th October 19th, 4th period Report assignment (Koyanagi)
12th October 26th, 3rd period Professor Segawa (National Institute for Materials Science) "Amorphous Materials Engineering" (Yasumori / Katsumata)
13th October 26, 4th period Professor Yamada (Japan Aerospace Exploration Agency) "Aerospace Engineering" (Koyanagi)
14th November 2nd, 3rd period Professor Morita (National Institute for Materials Science) "Nanoceramic Process Engineering" (Soga)
15th November 2nd, 4th period Professor Morita (National Institute for Materials Science) "Nanoceramic Process Engineering" (Soga)
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
9982601
CLOSE