マテリアル工学実験2のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
マテリアル工学実験2 科目番号
Course number
82MMMMS202
科目名称(英語)
Course title(English)
Experiment in Materials Engineering 2
授業名称
Class name
マテリアル工学実験2
教員名 古江 広和,向後 保雄,勝又 健一,鈴木 慎太郎,町田 慎悟,保原 浩明,國岡 春乃
Instructor Hirokazu Furue, Yasuo Kogo, Ken-ichi Katsumata, Shintaro Suzuki, Shingo Machida, Toshiyuki Watanabe, Hiroaki Hobara, Haruno Kunioka
開講年度学期 2022年度 後期
Year/Semester 2nd semester FY2022
曜日時限 金曜3限 金曜4限 金曜5限
Class hours Friday 3rd, 4th and 5th periods
開講学科
Department
先進工学部 マテリアル創成工学科
Department of Materials Science and Technology, Faculty of Advanced Engineering
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
2.0 授業の主な実施形態
Main class format
対面型授業/On-site class
概要
Descriptions
材料工学を物理、化学、機械工学系の3分野に分け、主に化学分野における基本的な材料合成技術、物性評価、計測技術の修得を目的とする。 

Material engineering is divided into three fields: physics, chemistry, and mechanical engineering, and the main purpose is to acquire basic material synthesis technology, physical property evaluation, and measurement technology in the chemical field.
目的
Objectives
物性評価実習においては試料合成装置や物性評価機器を実際に操作し、更に得られた実験結果の解析を通して材料合成および分析評価の理解を深めることを目標とする。

In the physical property evaluation training, the goal is to deepen the understanding of material synthesis and analytical evaluation by actually operating the sample synthesizer and physical property evaluation equipment and analyzing the obtained experimental results. 
到達目標
Outcomes
本科目はカリキュラム・ポリシーの1項及び4項、特に「科学現象の観察及び結果の解釈を自ら行うことができる」ようになるための科目である。また、本学科のディプロマ・ポリシー「材料工学の専門を基盤として社会に貢献するクリエイティブな人材の育成」の目的達成の一環をなすものである。

This course is for students to be able to observe the scientific phenomena and interpret the results by themselves, in the 1st and 4th sections of the curriculum policy. In addition, it is part of the achievement of the purpose of the diploma policy of this department, "Development of creative human resources who contribute to society based on the specialty of materials engineering".
履修上の注意
Course notes prerequisites
実験は、予習が不十分の場合、授業中に実験内容を理解できず、また、安全上の問題も生じるため、事前に下記の実験テキストおよび安全テキストを良く読み十分に準備を行うこと。

If the preparation for the experiment is insufficient, you will not be able to understand the contents of the experiment during the lesson, and safety problems will occur. Therefore, read the following experiment texts and safety texts carefully and prepare thoroughly in advance.
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
小テストの実施
Quiz type test
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
グループワーク
Group work
プレゼンテーション
Presentation
反転授業
Flipped classroom
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
【予習】
実験テキストを用いて実験の目的、方法、手順などを十分に把握・予習し、その内容を実験ノートにまとめた上で実験回に臨むこと。また、実験を安全に行うために必要な安全の知識を教科書指定の安全テキスト、参考書指定の「実験を安全に行うために」、「続 実験を安全に行うために」などを用いて十分に予習し、重要な項目を実験ノートに箇条書きすること。なお、安全に関する諮問に合格しないと実験に着手させないので注意すること。

【復習】
レポートをまとめるにあたって、まず、実験内容と実験で体験したことについて復習し、データ等を十分に整理したうえでノートにまとめる。これを元にチェックリストを確認しながらレポートを作成すること。また、講評のコメントを次に行う実験のレポートの作成の際に生かすこと。 

【Preparation】
Use the experiment textbook to fully understand and prepare for the purpose, method, procedure, etc. of the experiment, summarize the contents in the experiment notebook, and then go to the experiment. In addition, it is sufficient to use the safety textbook-designated safety textbook, "to carry out the experiment safely", "to carry out the subsequent experiment safely", etc. specified in the textbook, etc. Prepare for and list important items in your lab notebook. Please note that the experiment will not be started unless you pass the safety consultation.

【Review】
In compiling the report, first review the contents of the experiment and what you experienced in the experiment, and after thoroughly organizing the data etc., summarize it in a notebook. Create a report while checking the checklist based on this. Also, make use of the comments in the comments when creating the report for the next experiment.
成績評価方法
Performance grading
policy
出欠、実験態度、レポート等を総合して評価する。 

Comprehensive evaluation of attendance, experimental attitude, reports, etc.
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
2022年度 2AM マテリアル工学実験テキスト(テキストは配布する)
化学同人編集部編「実験データを正しく扱うために」(化学同人、2005年以降刊行のもの) 
化学同人編集部編「実験を安全に行うために」(化学同人、2005年以降刊行のもの)
化学同人編集部編「続 実験を安全に行うために」(化学同人、2005年以降刊行のもの)

2022 2AM Material Engineering Experiment Text (text will be distributed)
"To handle experimental data correctly" edited by Kagaku-Dojin editorial department (Kagaku-Dojin, published after 2005)
"For Safe Experiments" edited by Kagaku-Dojin Editorial Department (Kagaku-Dojin, published after 2005)
Kagaku-Dojin editorial department ed. "To carry out continued experiments safely" (Kagaku-Dojin, published after 2005)
授業計画
Class plan
1.ガイダンスおよび安全講習
実験に対する心構え、および、安全に関する基本事項を学ぶ

2.3.4. 電気抵抗の温度依存性-金属と半導体の比較-
価電子帯、禁制帯、伝導帯、フェルミエネルギー、熱起電力、熱抵抗、ゼーベック係数を理解する。

5.6.7. 絶縁体の誘電物性
電荷、絶縁体(誘電体)、誘電率、電場、電気双極子、コンデンサー、分極、強誘電体、自発分極、電束密度、 電気回路、過渡現象、ダイオード、整流作用、平滑化について理解する。

8.9.10.レーザー回折実験
波の数学的記述を学び、実際のレーザー回折実験を行い、関連につて考察する過程でフーリエ変換、回折格子、フラウンホッファー回折、レンズの作用について習得する。

11.12.13.相と物性
相図、相転移、てこの原理、相律、温度測定、かたさ試験を理解する。

14.15.16.金属材料の機械的性質
応力、ひずみ、フックの法則、応力-ひずみ線図、弾性率、強さ、引張りについて理解する。

17.18.19.金属材料の時効硬化
金属材料強化法、時効硬化、硬さ試験、GPゾーン を理解する。

1. Guidance and safety training
Learn the basics of preparing for experiments and safety

2.3.4. Temperature dependence of electrical resistance-Comparison of metal and semiconductor-
Understand the valence band, forbidden band, conduction band, Fermi energy, thermoelectromotive power, thermal resistance, and Seebeck coefficient.

5.6.7. Insulator dielectric properties
Understand charge, insulator (dielectric), permittivity, electric field, electric dipole, condenser, polarization, ferroelectric, spontaneous polarization, electric flux density, electric circuit, transient phenomenon, diode, rectifying action, smoothing.

8.9.10. Laser diffraction experiment
Learn the mathematical description of waves, perform actual laser diffraction experiments, and learn about the Fourier transform, diffraction grating, Fraunhofer diffraction, and lens action in the process of considering the relationship.

11.12.13. Phase and physical characteristics
Understand phase diagrams, phase transitions, phase rule, phase rule, temperature measurements, and hardness tests.

14.15.16. Mechanical properties of metallic materials
Understand stress, strain, Hooke's law, stress-strain diagram, modulus of elasticity, strength, and tension.

17.18.19. Age hardening of metallic materials
Understand metal material strengthening methods, age hardening, hardness testing, and GP zones.
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
9982122
CLOSE