機械工学特別実験(松崎)のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
機械工学特別実験 科目番号
Course number
75GRRES601
科目名称(英語)
Course title(English)
Mechanical Engineering Laboratory
授業名称
Class name
機械工学特別実験(松崎)
教員名 松崎 亮介
Instructor Ryosuke Matsuzaki
開講年度学期 2022年度 前期~後期
Year/Semester First and second semester
曜日時限 前期(集中講義)、後期(集中講義)
Class hours First semester (intensive course), Second semester (intensive course)
開講学科
Department
理工学研究科 機械工学専攻
Department of Mechanical Engineering, Graduate School of Science and Technology
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
6.0 授業の主な実施形態
Main class format
ブレンド型授業/Blended format
概要
Descriptions
 各指導教員の指導のもと、修士論文作成を通して機械工学分野における高度専門技術者としての専門分野における高度な基礎的能力を養い、さらに、現代社会に生きる職業人として必要な、レポート作成能力、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力などを修得していく。

Under the guidance of a supervisor, through the master’s dissertation preparation, participants develop advanced abilities in their field as highly specialized experts in mechanical engineering, while acquiring report preparation ability together with the communication and presentation skills expected of modern professionals.
目的
Objectives
機械工学分野における高度専門技術者としての専門分野における高度な基礎的能力を養い、さらに、現代社会に生きる職業人として必要な、レポート作成能力、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力などを修得すること。

本専攻のディプロマ・ポリシー
(1)機械工学分野に応じた高度な専門知識。
(2)機械工学分野に応じた研究能力。
(3)修得した高度な専門知識・研究能力と教養をもとに、自ら課題を発見・設定し、解決する能力。
(4)修得した高度な専門知識・研究能力と教養をもとに、国際的な視野を持って活躍できる能力。
に該当する科目である。

Participants develop advanced abilities in their field as highly specialized experts in mechanical engineering, while acquiring report preparation ability together with the communication and presentation skills expected of modern professionals. 

This course corresponds to the following Diploma Policies (1)-(4) in the Department of Mechanical Engineering, Graduate School of Science and Technology.
(1) Advanced expertise in the mechanical engineering field.
(2) Research ability in the mechanical engineering field.
(3) Ability to discover, set and resolve tasks themselves based on advanced expertise, research abilities and education acquired.
(4) Ability to be active with an international perspective based on the advanced expertise, research ability and education acquired.
到達目標
Outcomes
修士の学位に相応しい修士論文を完成し、修士論文審査会でその内容を発表し、質疑に対して的確に応答できること。

Complete a master’s thesis suitable for a master’s degree, present it to the master’s thesis review board, and be able to respond effectively to questions.
履修上の注意
Course notes prerequisites
少なくとも午前10時から午後5時まではコアタイムとして,研究室で実験や数値解析に励むこと.

During core time (from 10 a.m. to 5 p.m.), work on experiments or numerical analysis in the laboratory.
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
- 小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
グループワーク
Group work
プレゼンテーション
Presentation
反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
文献講読や研究進捗報告の事前準備を必ず行うこと.また,研究進捗報告や文献講読報告の際に指摘の合った事項は必ずフォローアップすること.

Be sure to prepare in advance for research reading and research progress reports. Also, be sure to follow up on any matters pointed out at the time of the research progress report or the reference reading report.
成績評価方法
Performance grading
policy
修士論文の完成度と、修士論文審査会での発表と質疑応答の内容を総合的に評価する。

Comprehensively evaluate the completeness of the master thesis and the contents of the master's thesis presentation and the question-and-answer session.
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
修士論文テーマにより異なるが、論文・図書ともに多数。

Depending on the theme of Master's thesis, many articles and books.
授業計画
Class plan
●年間を通し原則として毎日研究に励む.
●国内外の関連論文をサーベイし,熟読理解し,自分の研究の新規性を高める.
●研究室で行われる中間発表会において研究成果を発表する.
●得られた研究成果を国内外の学会にて発表する.
●国際ジャーナルに投稿できるような成果を挙げるよう努める.

2年次初頭:
 修士中間発表会にて1年次の研究成果を発表する.
2年次末:
 修士論文審査会にて修士論文の発表を行う.

● Be encouraged to study every day of the year.
● Survey related papers both domestically and abroad, understand them properly, and enhance the novelty of their own research.
● Present research results at the interim presentation held in the laboratory.
● Present research results obtained at academic conferences both in Japan and abroad.
● Try to produce results that you can submit to an international journal.

Early second year:
Present the research results of the first year at the Master’s Intermediate Presentation.
End of second year:
A master’s thesis presentation will be held at the master thesis review meeting.
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
MATLAB
備考
Remarks
997E810
CLOSE