実験及び演習2(樋口)のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
実験及び演習2 科目番号
Course number
73GRRES601
科目名称(英語)
Course title(English)
Experiments and Exercises 2
授業名称
Class name
実験及び演習2(樋口)
教員名 樋口 健一
Instructor Kenichi Higuchi
開講年度学期 2022年度 前期~後期
Year/Semester 2022 First to Second Semester
曜日時限 前期(集中講義)、後期(集中講義)
Class hours Intensive Courses in both First and Second Semesters
開講学科
Department
理工学研究科 電気工学専攻
Department of Electrical Engineering, Graduate School of Science and Technology
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
4.0 授業の主な実施形態
Main class format
対面授業/On-site class
概要
Descriptions
指導教員の指導のもとで、自身の研究に関する実験(コンピュータプログラムの作成を含む)すなわち研究計画の立案や研究実施のための機材の調達や整備を行い、研究を実施する。また、随時、研究の進捗状況の報告とディスカッションを実施し、得られた成果や知見を発表するためのデータ整理や原稿作成を行う。英語による発表と質疑応答を数回課す。以上の成果をまとめて修士論文を作成する。
Under the guidance of the supervisor, students conduct experiments (including computer programming); that is, prepare research plans, obtain and arrange research equipment, and to conduct research. Students also report and discuss their progress from time to time, organize data and draft a manuscript in order to give presentations on the results and findings obtained. By summarizing the above results, students prepare master's theses.
目的
Objectives
概要に示した一連の取り組みを通じて、修得した高度な専門的知識と技術を基に、科学技術のみならず社会における多様な情報を収集し、論理的に分析を行い、その結果得られた課題を専門的知識を用いて解決策を提案するとともに、社会に発信できる論文作成能力やプレゼンテーション能力をはじめ、専門性の高い第一線の研究者・技術者として具備すべき能力を身に付けることを目的とする。なお、本科目は本専攻のディプロマポリシーに定める「電気工学専攻における電気工学、電子工学、情報通信工学の3つの専門分野のうち、少なくとも1つの専門分野についての研究能力」を実現するための科目である。
Through the series of activities outlined in the Descriptions, based on the high-level expertise and skills acquired, we aim to acquire the following skills that should be possessed as forefront researchers and engineers with high expertise:
1. Gather and logically analyze a variety of information in not only science and technology but also society.
2. Propose solutions to the themes obtained by the analyses.
3. Write papers and give presentations to make proposals public.
We aim to acquire "research skills in at least one of the three fields of electrical engineering, electronic engineering, and information and communication engineering in Department of Electrical Engineering" described in the Diploma Policies of the Department.
到達目標
Outcomes
指導教員の指導のもとで、自身の研究に関する実験(コンピュータプログラムの作成を含む)すなわち研究計画の立案や研究実施のための機材の調達や整備と、研究を実施し、随時、研究の進捗状況の報告や ディスカッションと、得られた成果や知見を発表するためのデータ整理や原稿作成を行い、実験や演習の成果を修士論文としてまとめることのできる能力を養うことを目標とする。
The goal is to equip students with the following abilities under the guidance of the supervisor:
1. Conduct experiments (including computer programming); that is, make research plans, obtain and arrange research equipment, and conduct research.
2. Report and discuss their progress from time to time.
3. Organize data and draft a manuscript in order to give presentations on the results and findings obtained.
4. Complete the results of experiments and exercises as a master's thesis.
履修上の注意
Course notes prerequisites
樋口研究室所属の学生に限る。
Only students belonging to Higuchi Laboratory.
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
準備学習:実験・シミュレーション方法の調査・準備を,適宜文献等を用いて行い,研究活動を計画する。(毎回2時間以上)
復習:前回の実験・シミュレーション結果について整理し、十分に考察を加える。(毎回2時間以上)
(Preparation) Plan the research activity while investigating the way and preparing to conduct experiments and/or simulations, referring to the literature if necessary, spending more than 2 hours each time.
(Review) Organize the results of experiments and simulations and give a thorough consideration, spending more than 2 hours each time.
成績評価方法
Performance grading
policy
実験への取り組みを指導教員が評価する。また,ゼミなどでの理解度を指導教員が評価する。両者の比率については,研究への取り組みを8割,ゼミなどでの採点を2割として成績を評価し,6割以上を合格とす る。
[フィードバックの方法]
講義における課題の発表時に、質疑応答によりその場で直ちにフィードバックする。
Supervisor evaluates efforts to the experiments, and understanding in seminars. Regarding to ratio of them, the research effort is 80% and the mark in seminars and so on is 20%. Criteria for passing is the score higher than or equal to 60%.
[Method of Feedback]
At the time of presenting the exercises in the lecture, we will give feedback immediately on the spot by question and answer.
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
専門書や論文など多数。
Many specialized books, research articles, and so on.
授業計画
Class plan
指導教員の指導のもと、以下を行う。
(1)研究計画の立案
(2)研究実施のための機材の調達・整備
(3)研究実施
(4)随時、研究の進捗状況の報告とディスカッションの実施
(5)得られた成果や知見を発表するためのデータ整理や原稿作成の実施
(6)以上の成果をまとめた修士論文の作成
Conduct the following work under the guidance of the supervisor:
1. Plan the research activity.
2. Obtain and arrange research equipment.
3. Conduct research.
4. Report and discuss the progress from time to time.
5. Conduct data organization and manuscript making in order to present the results and findings obtained.
6. Prepare a master thesis by summarizing the above results.
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
無線通信事業企業の研究員としての実務経験を活かし,無線通信システムに関する指導を行う.
Guidance on wireless communication systems will be based on the instructor's experience as a researcher at a mobile communication operator company.
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
997C85E
CLOSE