情報・通信工学特別研究1B(樋口)のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
情報・通信工学特別研究1B 科目番号
Course number
73GRRES704
科目名称(英語)
Course title(English)
Advanced Research in Information and Communication Engineering1B
授業名称
Class name
情報・通信工学特別研究1B(樋口)
教員名 樋口 健一
Instructor Kenichi Higuchi
開講年度学期 2022年度 後期
Year/Semester 2022 Second Semester
曜日時限 集中講義
Class hours Intensive Courses in Second Semester
開講学科
Department
理工学研究科 電気工学専攻 (博士)
Department of Electrical Engineering (Doctoral Course)
Graduate School of Electrical Engineering
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
3.0 授業の主な実施形態
Main class format
ブレンド型授業/Blended format
概要
Descriptions
博士論文をまとめるに当たり、国内外の同種の研究動向について、文献調査を行うことにより、研究の位置づけを明らかにする必要がある。また、自身の研究に関するシミュレーション解析や実験をまとめ、報告する能力が求められている。

For authorization of the doctoral dissertation, it is necessary to clarify the position of the research by conducting a literature survey on similar research trends in Japan and abroad. Moreover, the ability to summarize and report simulation analysis and experiments on research is required.
目的
Objectives
自身の研究に関する文献調査や実験などを行い、得られた研究成果や知見をもとに、博士論文を作成できるようになる能力を身につけることを目的とする。本専攻のディプロマポリシーに定める「電気工学専攻における電気工学、電子工学、情報通信工学の3つの専門分野のうち少なくとも1つの専門分野についての極めて高度な専門知識」、「電気工学専攻における電気工学、電子工学、情報通信工学の3つの専門分野のうち少なくとも1つの専門分野について研究者として自立して研究活動を行う能力」、「電気工学専攻において修得した極めて高度な専門知識や研究能力をもとに、柔軟な思考と深い洞察に基づいて、自ら課題を発見・設定し、独創的に解決する能力」および「電気工学専攻において修得した極めて高度な専門知識や研究能力をもとに、専門性を要する分野において、国際的な視野を持って活躍できる能力」を実現するための科目である。

It aims to acquire the ability to be able to prepare a doctoral dissertation based on research results and knowledge obtained by conducting literature and experiments on research. The class aims to acquire "Extremely high level of expertise on at least one specialized field out of the three special fields of electrical engineering, electronic engineering, information and communication engineering in electrical engineering," "Ability to autonomously conduct research activities as a researcher in at least one special field of three specialized fields of electrical engineering, electrical engineering, information and communication engineering in electrical engineering department," "Ability to autonomously conduct research activities as a researcher in at least one special field of three specialized fields of electrical engineering, electrical engineering, information and communication engineering in electrical engineering department," ""Ability to discover, set and solve problems oneself based on flexible thinking and deep insight based on extremely high level of expertise and research capability acquired in electrical engineering major," and "Ability to be active with an international perspective in fields requiring expertise based on extremely high level of expertise and research ability acquired in electrical engineering course."
到達目標
Outcomes
・計画的に研究を進めることができる。
・シミュレーションや実験結果をまとめた資料に基づき、討論を行うことができる。

It is possible to carry out the research systematically.
Based on materials that summarize simulation and experiment results, the discussion can be done.
履修上の注意
Course notes prerequisites
自己の指導教員が担当する科目を修得すること。
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
準備学習:実験・シミュレーション方法の調査・準備を、適宜文献等を用いて行い、研究活動を計画する。(毎回2時間以上)
復習:前回の実験・シミュレーション結果について整理し、十分に考察を加える。(毎回2時間以上)

(Preparation) Plan the research activity while investigating the way and preparing to conduct experiments and/or simulations, referring to the literature if necessary, spending more than 2 hours each time.
(Review) Organize the results of experiments and simulations and give a thorough consideration, spending more than 2 hours each time.
成績評価方法
Performance grading
policy
研究への取り組みを指導教員が評価する。また、ゼミなどでの理解度を指導教員が評価する。両者の比率については、研究への取り組みを8割、ゼミなどでの採点を2割として成績を評価し、6割以上を合格とする。

Supervisor evaluates efforts to research activity, and understanding in seminars. Regarding the ratio of them, the research effort is 80%, and the mark in seminars and so on is 20%. Criteria for passing is the score higher than or equal to 60%.
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
専門書や論文など多数。
Many specialized books, research articles, and so on.
授業計画
Class plan
自ら定めた研究題目について、指導教員の助言や指導を参考に研究を遂行する。

Conducting research with reference to the advice and guidance of the supervisor concerning the research topic.
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
997C727
CLOSE