先端物理化学特別研究1B(酒井秀)のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
先端物理化学特別研究1B 科目番号
Course number
72CHPHC702
科目名称(英語)
Course title(English)
Research of Advancedin Physical Chemistry1B
授業名称
Class name
先端物理化学特別研究1B(酒井秀)
教員名 酒井 秀樹,酒井 健一
Instructor Hideki Sakai, Kenichi Sakai
開講年度学期 2022年度 後期
Year/Semester 2021 Second Semester
曜日時限 集中講義
Class hours Intensive Courses, Second Semester
開講学科
Department
理工学研究科先端化学専攻
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
Department of Pure and Applied Chemistry, Graduate School of Science and Technology
単位
Course credit
5.0 授業の主な実施形態
Main class format
対面授業/On-site class
概要
Descriptions
博士課程の主題となる各自の研究を推進する。自然環境に調和した科学の発展に貢献可能な精深な学識、幅広い視野、柔軟な創造性、豊かな教養、崇高な倫理観等を身につける。また、国内外の会議等で発表および議論を交わすことで、独立した研究者としてのキャリアを高める。

Students will move forward with the individual research, which is the subject of the doctoral course. They will gain detailed academic knowledge, a broad perspective, flexible creativity, high level of educational cultivation, and elevated ethical sense, which will contribute to the development of science in harmony with the natural environment. In addition, they will gain the ability to propel their careers as independent researchers through presentations and discussions at conferences, both domestically and abroad.
目的
Objectives
本専攻のディプロマ・ポリシーに定める以下の(1)~(4)を実現するための科目です。
(1) 先端化学専攻の各専門分野に応じた極めて高度な専門知識
(2) 先端化学専攻の各専門分野について研究者として自立して研究活動を行う能力
(3) 先端化学専攻の各専門分野において修得した極めて高度な専門知識や研究能力をもとに、柔軟な思考と深い洞察に基づいて、自ら課題を発見・設定し、独創的に解決する能力
(4) 先端化学専攻の各専門分野において習得した極めて高度な専門知識や研究能力をもとに、専門性を有する分野において、国際的な視野を持って活躍できる能力

The objectives of the course are to acquire the following knowledge and skills, stipulated by the diploma policy of the Department:
(1) Extremely advanced specialized knowledge in each field within the Department of Pure and Applied Chemistry.
(2) The ability to perform research activities as an independent researcher in each specialized field within the Department of Pure and Applied Chemistry.
(3) Ability to independently identify, define, and creatively solve problems based on extremely advanced specialized knowledge, research skills, flexible thinking, and thorough insights acquired in each specialized field within the Department of Pure and Applied Chemistry.
(4) Ability to work with an international perspective in specialized fields based on extremely advanced specialized knowledge and research skills acquired in each specialized field within the Department of Pure and Applied Chemistry.
到達目標
Outcomes
博士論文の研究課題について、研究計画の立案から実験の遂行、データの解析と理解、成果のまとめと公表(学会ならびに論文)を主体的に進め、研究者に必要なスキルを身につけることを目標とする。自分の研究分野の研究動向を把握した上で、オリジナリティのある研究を推進し、さらには英語での国際会議における発表や論文投稿などを通じて、国際性を身につけ、独立した研究者としてあるべき姿を認識できるようになる。

The goal is for students to gain the necessary skills to become researchers by independently following a path from creating a research plan, to executing an experiment, analyzing and understanding data, and summarizing and presenting results (at a conference and in a paper) on the research topic of their doctoral theses. Based on an understanding of the research trends in their field of study, by proceeding with original research, and by submitting and presenting papers in English at international conferences, students will learn the international landscape and gain an understanding of what independent research is.
履修上の注意
Course notes prerequisites
「特別研究」は「必修の授業科目」であり、5単位である。
(本専攻の博士後期課程では、特別研究の6科目30単位を習得しなければならない。)

This course is a “mandatory course” with 5 credits.
(The doctor’s degree for this Department requires 30 credits including 6 doctor-thesis courses.)
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
グループワーク
Group work
プレゼンテーション
Presentation
反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
与えられた研究テーマを十分に理解し、世の中における関連分野の研究状況を自ら把握し、自分の研究の進捗状況と常時照らし合わせながら、自分の研究のoriginalityはどこにあるかを常に意識しつつ、自分が何をなすべきかを考え、創意・工夫を重ねること。具体的にはこれまでに勉強してきた知識を知恵に変え、修士までの研究で会得した研究手法を駆使し、指導教員と議論を尽くして、研究実験を遂行する。 

Students must thoroughly understand the assigned research topic and independently understand the current situation in related fields to constantly compare the progress of their own research. Students should consider what makes their own research original, examine what they should be doing, and continue to create and be ingenious. Specifically, students will convert knowledge accumulated in the bachelor and master courses into wisdom, utilize research methods they acquired for the master thesis, and pursue their research through discussions with teaching staff.
成績評価方法
Performance grading
policy
研究態度、研究室ゼミ・輪講、学内外での研究発表、レポート、論文発表、博士論文審査会、これらの結果から総合的に到達目標の達成度を評価する。

[フィードバックの方法]
・ゼミなどにおいて、研究の進捗状況に応じた助言を行う。
・学会発表の指導を行い、発表後に講評を行う。
・都度、投稿論文・博士論文の添削指導を行う。
・博士論文審査会の後に講評を行う。

Students are evaluated on their achievements based on a comprehensive review of attitude toward research, their performance in research groups, research presentations both in and outside of the university, reports, thesis presentations, and doctor’s thesis defenses.

[Feedback]
・ Offer advice suitable for the progress of students’ research in research groups and so on.
・ Provide instructions on academic conference presentations and offer a review after presentations.
・ Offer edits on papers to be submitted and doctor’s thesis.
・ Offer a review after the doctor’s thesis defense.
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
研究テーマに関連する文献等を調べて、研究の参考にすること。 
Literature relevant to the research topic is researched and studied.
授業計画
Class plan
文献紹介ゼミや研究進捗状況ゼミを隔週行うとともにマンツーマンでの議論を行う。

テーマ内容
・新規界面活性剤のデザイン・合成と溶液物性
・種々の媒体(有機溶媒・超臨界流体・イオン液体)中での界面活性剤の挙動
・界面活性剤溶液の物性の外部刺激(光・電気・pH・熱)による制御
・新しいコンセプトの乳化系(エマルション)の開発
・ドラッグデリバリーシステムへの応用に適した新規ナノカプセル(リポソーム・ニオソーム)の創製
・生体膜の生理機能の物理化学的検討
・界面活性剤が形成するナノサイズテンプレートを利用したナノ形態制御材料の調製と応用
・ナノ形態制御光触媒の創製と有害物質除去への応用
・界面化学物性に及ぼす重力の影響
・各種界面の電子顕微鏡・プローブ顕微鏡を用いたナノスケール直接観察   など
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
997B766
CLOSE