先端化学大学院特別講義2のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
先端化学大学院特別講義2 科目番号
Course number
72CHCOM602
科目名称(英語)
Course title(English)
Special Topics in Advanced Chemistry 2
授業名称
Class name
先端化学大学院特別講義2
教員名 酒井 健一,柿沼 克良,鈴木 博章,水谷 五郎,本橋 輝樹,山田 裕介,佐藤 進,獨古 薫,本多 謙介
Instructor Kenichi Sakai, Kiyoshi Kanamura, Hiroaki Suzuki, Yusuke Tsutsumi, Goro Mizutani, Teruki Motohashi, Ichizo Yagi, and Yusuke Yamada
開講年度学期 2022年度 前期~後期
Year/Semester 2022 First and Second Semesters
曜日時限 前期(集中講義)、後期(集中講義)
Class hours 2022 First and Second Semesters
開講学科
Department
理工学研究科 先端化学専攻
Department of Pure and Applied Chemistry, Graduate School of Science and Technology
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
2.0 授業の主な実施形態
Main class format
対面授業/On-site class
概要
Descriptions
本講義で紹介される最先端の研究分野を多面的に学ぶことにより、研究活動に必要な創造力や思考力あるいは幅広い視野を修得する。

Acquire the creativity, cognitive skills, and wide-ranging perspectives necessary for research activity by studying topics in the leading research fields introduced in this course from multiple aspects.
目的
Objectives
研究の第一線で活躍されている他大学からの教授・准教授の先生あるいは企業の研究者から,有機化学、無機化学、物理化学、化学工学などのそれぞれの専門分野における重要な基礎知識及び最先端の話題を聞き,研究のおもしろさや楽しさを実感させるとともに,創造性や探求心を養わせることを目的とする。

The aim of this class is to acquire important basic knowledge and become familiar with cutting-edge topics in particular fields such as organic chemistry, inorganic chemistry, physical chemistry, and chemical engineering, engaging with professors from other universities and researchers at companies operating on the forefront of research. The goal is for students to experience the interest and enjoyment of research, and to cultivate creativity and inquiry.
到達目標
Outcomes
自分の研究とは異なる様々なホットトピックスと自分の研究とをつなぎ合わせる化学反応から新しい見識を見出すことができるようになる。

You will become able to acquire new knowledge from chemical reactions that combine your own area of research with various other trending research topics.
履修上の注意
Course notes prerequisites
8回の講義が予定されているが、このうち6回以上に出席し、レポート等の課題が出た場合は必ず提出すること。4回以下の出席(課題提出)の場合は単位を認定しない。

Seven lectures are scheduled. You must attend at least six lectures and submit any assignments given, such as reports. Credit will not be awarded if fewer than five lectures are attended.
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
- グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
- 反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
研究者の関連研究や論文等を事前に調べ基礎知識の修得に努める。具体的な事項については、授業の中で指示する。

Investigate the related research and papers in advance and try to obtain basic knowledge. Preparatory schoolwork and reviews will be designated during class.
成績評価方法
Performance grading
policy
各講義で課された課題により評価(100%)する。
【フィードバックの方法】
課題は採点の上、返却する。あるいは課題の講評をLETUSに掲載する。

The assessment is based on the assignments set in each lecture (100%).
[Feedback]
Assignments are marked and returned. Alternatively, comments on assignments are posted on LETUS.
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
特に指定しない

Not specified
授業計画
Class plan
1  ガイダンス  履修上の注意等について説明する。
1  Guidance is given concerning notes on enrollment.

2,3 柿沼 克良「固体高分子形燃料電池用電極材料の現状と将来」
2,3 Katsuyoshi Kakinuma, "Current Status and Future Prediction of Electrocatalysts for Polymer Electrolyte Fuel Cells"

4,5 佐藤 進「電波を電力として使う・プラズマとは」
4,5 Susumu Satoh, "Using Electromagnetic Wave as Energy, What is Plasma"

6,7 鈴木 博章「バイオマイクロデバイスの最前線」
6,7 Hiroaki Suzuki, "Cutting Edge of Biomicrodevices"

8,9 獨古 薫「次世代蓄電池の実現に向けた新規電解液の設計」
8,9 Kaoru Dokko, "Developmnet of Liquid Electrolytes for Next Generation Batteries"

10,11 本多 謙介「プラズマCVDによる炭素材料の高機能化と各種デバイスへの応用」
10,11 Kensuke Honda, "Imparting Functions to Carbon-based Materials by Plasma CVD and Applications to Various Devices"

12,13 水谷 五郎「非線形光学効果と光第二高調波分光法・光和周波分光法光第二高調波顕微鏡・光和周波顕微鏡とその応用例」
12,13 Goro Mizutani, "Nonlinear Optics, Optical Second Harmonic Generation (SHG) Spectroscopy, and Optical Sum Frequency Generation (SFG) Spectroscopy, SHG Microscopy, SFG Microscopy, and Their Application"

14,15 本橋 輝樹「エネルギー関連応用に向けた複合金属酸化物の開発」
14,15 Teruki Motohashi, "Development of Complex Metal Oxides towards Energy-related Applications"

16,17 山田 裕介「固体触媒における機能統合」
16,17 Yusuke Yamada, "Functional Unification of Heterogeneous Catalysts"
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
997B314
CLOSE