設計実習・実験・調査1(宮津)のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
設計実習・実験・調査1 科目番号
Course number
71COZZZ501
科目名称(英語)
Course title(English)
Design Practice, Experiment and Survey 1
授業名称
Class name
設計実習・実験・調査1(宮津)
教員名 宮津 裕次
Instructor Yuji Miyazu
開講年度学期 2022年度 前期
Year/Semester 2020 First Semester
曜日時限 集中講義
Class hours Intensive courses
開講学科
Department
理工学研究科 建築学専攻
Department of Architecture, Graduate school of Science and Technology
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
5.0 授業の主な実施形態
Main class format
ブレンド型授業/Blended format
概要
Descriptions
学外・学内での実習・実験・調査を通して、建築構造に関する生きた知識・技術とともに職業倫理を身に付ける機会をもち、教員の指導のもとに修士研究の成果を上げるに必要な思想と手法を具体的に学ぶ。
Through practical training, experiments and surveys in and outside the university, take the advantage of the opportunity to acquire professional ethics and useful knowledge and technology on building structures to learn concretely the thought and method necessary for raising the achievement of the master’s research under the guidance of the supervisor.
目的
Objectives
建築構造設計を専門とする実務家を育成することを目的とする。
It aims to nurture practitioners specializing in building structure design.
到達目標
Outcomes
建築物の耐震設計を行う上で重要となる,建築構造工学に関わる研究テーマ,課題を設定し,2年間の研究成果を修士論文として取り纏め,さらには対外発表を通じ国内の耐震設計法の高度化や地震被害の軽減を通じた社会貢献をする能力を身につける。
Research topics and issues related to building structural engineering of buildings, which are important to seismic design, are set up, and summary the research results for 2 years as master’s thesis. Furthermore, the ability to contribute to society through sophistication of domestic seismic design law and reduction of earthquake damage will be acquired through external announcement.
履修上の注意
Course notes prerequisites
構造全般の科目を修得していることが望ましい
It is desirable that participants acquire subjects in general structure.
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
- 小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
- グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
- 反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
毎回修得した内容をまとめておくこと
To summarize contents acquired each time
成績評価方法
Performance grading
policy
研究への取り組み方,提出論文,発表審査会での審査,学部生への指導,対外発表論文等を総合的に評価する。
We comprehensively evaluate on how to approach research, submitted papers, examination at the presentation review meeting, guidance to undergraduates, dissertations published abroad, and so on.
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
特になし
Not specified
授業計画
Class plan
おおまかな与件の整理、現場での意見情報交換・状況把握、計画立案、実習・実験・調査の遂行、まとめ、プレゼンテーションなどを行いながら、思想と手法を学ぶ。

・4月~5月  指導教員、現場担当者などとの意見情報交換・状況把握を通して、テーマと対象を絞り
    込み、計画を立案する。
・6月~9月  計画にしたがって実習・実験・調査の実施。

Learn the thought and method while organizing rough cases, exchanging opinion information on the field, understanding the situation, planning, practicing, conducting experiments, conducting surveys, summarizing, and presenting.
April to May: Through the exchange opinions and grasp the situation among the advice faculty, site staff and others, themes and objectives are refined, and the plan is set.
June to September: Practice, experiment and investigation according to the plan.
教職課程
Teacher-training course
特になし
Not specified
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
997AH77
CLOSE