修士設計1(宮津)のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
修士設計1 科目番号
Course number
71GRRES613
科目名称(英語)
Course title(English)
Master's Design Project 1
授業名称
Class name
修士設計1(宮津)
教員名 宮津 裕次
Instructor Yuji Miyazu
開講年度学期 2022年度 前期
Year/Semester 2020 First Semester
曜日時限 集中講義
Class hours Intensive courses
開講学科
Department
理工学研究科 建築学専攻
Department of architecture, Graduate School of Science and Technology
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
5.0 授業の主な実施形態
Main class format
ブレンド型授業/Blended format
概要
Descriptions
・各自設計対象を設定し、設定した対象に対して多角的なリサーチを行うことから始める。リサーチの結果を分析し、どのように設計に反映させるかがまず問われる。設計そのものは、単なるデザインではなく、設計者に求められる様々に錯綜する問題を止揚したものであることが求められる。
・提出物は、設計図書・模型に留まらずブックレットとしてリサーチ・分析と計画案との脈絡までを示したものが含まれる。
・指導はすべてプロの建築家(建築士)による
・2年次前後期全期間(400時間以上)
This course start from the multi-faceted research of the design object which has been determined by students. Then the results of the research will be analyzed, and how to reflect on the design will be asked. The design itself is not merely a design object, it is required to solve the various complicated problems required of the designer.
The submission includes not only design books and models but also booklets showing research, analyzes and planning plans.
目的
Objectives
修士設計(修士修了要件)
Master's Completion Requirement
到達目標
Outcomes
インターンシップにおいて、建築設計業務を行ううえで必要となる知識及び技能を身に付けと同時に、意匠設計実務を行う建築士としての大学院でのトレーニングの集大成と位置づける。
At the internship, the knowledge and skills necessary for building design should be acquainted through the architectural design work. At the same time, culmination of training at graduate school as an architect who conducts design practice is the position of this course.
履修上の注意
Course notes prerequisites
修士研究を、修士設計とすること  
The master design is chosen instead of the master research.
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
- 小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
- グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
- 反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
敷地が決まっている場合は必ず現地に足を運ぶこと。参考にすべき建築作品はできるだけ見学すること。 
Be sure to visit the site when the site is decided. As much as possible to observe the architectural works to be referenced.
成績評価方法
Performance grading
policy
設計内容について、中間審査会及び公開講評会(審査会)でのパワーポイントを用いたプレゼンテーション及び審査員による質疑応答と審査をクリアする必要がある。
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
特に無し
Not specified
授業計画
Class plan
・4~5月: 指導教員との間でマンツーマンのディスカッションを繰り返し(週1回)、ターゲットとテーマを設定する
・6~7月: 中間発表に向けて、テーマやターゲットをリサーチし、必要に応じて分析を行う。そのプロセスで指導教員との議論を続ける(週1回)
・7月: 中間発表審査会
・8~9月: 中間発表審査会での他教員の指摘も踏まえて、設計案を考え始める(コンセプト・デザイン)。指導教員との間でエスキス・チェックを継続的に行う(週1回)

April to May: Repeat one-to-one discussion with supervisor (once a week) to set target and theme.
June to July: For the intermediate presentation, research themes and targets are studied, analysis will be performed if necessary. In this process, continue discussions with academic advisors (once a week).
July: Interim presentation board
August to September: Based on the opinions from other faculties at the interim presentation review meeting, the thinking of design proposal (concept and design) is started. Continual sketch and check with supervisor (once a week) are ongoing.
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
997AH14
CLOSE