設計実習・実験・調査2(山名)のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
設計実習・実験・調査2 科目番号
Course number
71COZZZ502
科目名称(英語)
Course title(English)
Design Practice, Experiment and Survey 2
授業名称
Class name
設計実習・実験・調査2(山名)
教員名 國分 元太,山名 善之
Instructor Yoshiyuki YAMANA
開講年度学期 2022年度 後期
Year/Semester 2019 Second Semester
曜日時限 集中講義
Class hours


Intensive Courses
開講学科
Department
理工学研究科 建築学専攻
-Graduate School of Science and Engineering Department of Architecture
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
日本語、(英語、フランス語)
Japanese (English, French)
単位
Course credit
5.0 授業の主な実施形態
Main class format

対面授業/On-site class
概要
Descriptions
半過去の建築或いは建築群を文化遺産として調査・分析し、リビング・ヘリテージとして社会的資産となうような提案を行う 

Study and analyze semi-past architectures or buildings as cultural heritage and make proposals that become social assets as living · heritage 
目的
Objectives
修士論文、修士設計をまとめることを念頭により高次の合理的、論理的、普遍的思考を修得することを目的とする。

For master's thesis, master's design, it aims to master high-level rational, logical, universal thinking.
到達目標
Outcomes
日本建築学会、国際学会等に論文を発表したり、設計競技等に応募すること。

To publish papers to the Japan Society of Architecture, International Conference etc, to apply for design competitions etc.
履修上の注意
Course notes prerequisites
毎回のゼミに必ず出席し活発な議論を行うこと。また、対外的な活動も積極的に行うこと。
外国語の習得に積極的になり国内外の論文、学術文献に目を通すこと。


Be sure to attend every seminar and do active discussions. Also, actively engage in external activities.
Be active in mastering foreign languages, reading domestic and international papers, academic literature. 
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
- 小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
- グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
- 反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
関連資料の収集と予備調査
 
Collect related documents and conduct preliminary survey
成績評価方法
Performance grading
policy

活動の成果ならびにレポートの内容で評価する

Evaluate based on the outcome of the activity and the content of the report
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
ゼミに於いて各自の研究内容に合ったものを指示する

Recommend at seminars according to theme
授業計画
Class plan

16 調査結果報告
17-25 調査データの分析と考察
26 レポートの構成について議論する
27-29 レポートの作成
30 レポートの提出と発表

16 Investigation result report
17-25 Analysis and consideration of survey data
26 Discuss the composition of the report
27-29 Report (Abstract)
30 Report submission and announcement 
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
997AH04
CLOSE