修士設計2(山名)のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
修士設計2 科目番号
Course number
71GRRES614
科目名称(英語)
Course title(English)
Master's Design Project 2
授業名称
Class name
修士設計2(山名)
教員名 山名 善之,國分 元太
Instructor Yoshiyuki YAMANA
開講年度学期 2022年度 後期
Year/Semester 2019 Second Semester
曜日時限 集中講義
Class hours Intensive Courses 
開講学科
Department
理工学研究科 建築学専攻 Department of Architecture, Graduate School of Science and Technology
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
日本語、(英語、フランス語)
Japanese (English, French) 
単位
Course credit
5.0 授業の主な実施形態
Main class format

対面授業/On-site class
概要
Descriptions
半過去の建築或いは建築群を文化遺産として調査・分析し、リビング・ヘリテージとして社会的資産となうように設計の提案を行う

Study and analyze semi-past architecture or building group as cultural heritage and make design proposal to be social asset as living · heritage 
目的
Objectives
修士設計1において提示された方法論に基づいて設計を行う能力を涵養すること

To cultivate the ability to design based on the methodology presented in Master's design 1
到達目標
Outcomes
図面(A1・6枚以上)、模型、パワーポイント等を用いて修士設計審査会においてプレゼンテーションを行い、質疑応答に合理的に応えること

Make a presentation at the Master's Design Review Board using drawing (A1, 6 or more), model, PowerPoint etc, to respond to Q & A reasonably .
履修上の注意
Course notes prerequisites
ゼミ、スタジオに毎回出席し指導を受けること。具体的な調査を行い、野帳、図面作成、スケッチ、図としての表現を行うこと。
建築学専攻において指定された共通中間発表において発表を行い、調査、設計等に指導教員以外の意見を反映させること。

Attend the studio every time to attend. Conduct a specific survey and make notes, drawings, sketches, and drawings.
Make an announcement at the common intermediate presentation designated in the Department of Architecture and reflect opinions other than the supervisor in survey, design, etc. 
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
- 小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
- グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
- 反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
建築設計の表現方法について日常的に情報収集を行い、テーマに沿った表現方法を体得しておくこと

Daily collection of information on how to express architectural designs and acquiring methods of expression according to the theme
成績評価方法
Performance grading
policy
設計内容について、中間審査会及び公開講評会(審査会)でのパワーポイントを用いたプレゼンテーション及び外部から招いたプロの建築家を含む審査員による質疑応答と審査をクリアする必要がある。
提出物すべて(最終発表を含む)のクオリティを総合的に評価する。
 
Regarding the design content, it is necessary to clear the presentation using Power Point at the interim review board and public review forum (examination meeting) and the question-and-answer and examination by the judges including externally invited professional architects.
Evaluate the quality of all submissions (including the final presentation) comprehensively.
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
テーマに沿ってゼミにおいて指定する

Recommend at seminars according to theme
授業計画
Class plan
・8~9月 中間発表審査会での教員の指摘を踏まえて、設計案(コンセプト・デザイン)を具体化する
指導教員との間で継続的(週1回)にエスキスのチェックを行う
・10~1月 設計案を作成し、プレゼンテーションをまとめる
・1~2月 設計案と根拠となる調査と分析結果を論文としてまとめる

·· July Midterm Presentation Board
· Specify the design plan (concept · design) based on the teacher's point of view at the interim presentation session in the August-September interim
Continually check with Eskis (1 per week) with your academic advisor
· Create a design plan from January to January and summarize the presentation
· January February Design proposal and grounds survey and analysis results are summarized as a paper 
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
997AH02
CLOSE