建築史のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
建築史 科目番号
Course number
71PDHIA633
科目名称(英語)
Course title(English)
Architectural History
授業名称
Class name
建築史
教員名 山名 善之
Instructor Yoshiyuki YAMANA
開講年度学期 2022年度 前期
Year/Semester 2019 First Semester
曜日時限 月曜2限
Class hours Wednesday
開講学科
Department
理工学研究科 建築学専攻
-Graduate School of Science and Engineering Department of Architecture
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
日本語 Japanese
単位
Course credit
2.0 授業の主な実施形態
Main class format
対面授業とする
概要
Descriptions
建築の通史に関する著書・論文を読み、「通史」を書く方法・視座について学ぶ。通史的に理解することは、研究対象の理解のみならず、研究者として自らの立ち位置の把握に通じる。

Read books / articles on architectural history and learn about ways to write "history" · perspective. Understanding in the historical way leads to understanding not only of the research subject but also its own position as a researcher.
目的
Objectives
建築学内のどの分野かを問わず、通史を支えるいくつかの理念を学び、過去・現在の情報を歴史的に整理・考察する手法を学ぶ。
Regardless of which field in the architecture department, you learn some ideas that support the history, and learn techniques to historically review and consider past / present information.
到達目標
Outcomes
・ 通史における理念とは何かを理解。
・ 理念と現象との関係を理解。
・ 通史を書く時に最も重要な理念と、その理念を具体的に示すと思われるいくつかの事例(現象)を集めて、通史的としてレポートすること。 

 · Understand what philosophy is in history.
· Understand the relationship between idea and phenomenon.
· Collect the most important philosophy when writing the history and some cases (phenomena) that are thought to concretely show the idea and report it as historical.
履修上の注意
Course notes prerequisites
特になし
No special mention
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
- 小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
- グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
- 反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
授業の中で紹介する幾つかの著書・論文を各自で読む。
Reading several books / papers to introduce in class
成績評価方法
Performance grading
policy
講義中の発表・質疑応答(50%)と最終のレポート(50%).
Presentation in the lecture · Q & A response (50%) and final report (50%)
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
適宜指示
Recommendation in class each time
授業計画
Class plan
1.全体的説明、通史に関する主要参考文献などの紹介

2.~14.履修者による発表、質疑応答

15.全体講評


1. Introduction of general explanation, major references on history

2. ~ 14. Presentation by students, Q & A

15. Overall review
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
特になし
997AE01
CLOSE