建築材料学特別研究2B(兼松)のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
建築材料学特別研究2B 科目番号
Course number
71SMBMC704
科目名称(英語)
Course title(English)
Advanced Study on Building Materials Engineering 2B
授業名称
Class name
建築材料学特別研究2B(兼松)
教員名 兼松 学
Instructor Manabu Kanematsu
開講年度学期 2022年度 後期
Year/Semester 2019 Second Semester
曜日時限 集中講義
Class hours Intensive Courses
開講学科
Department
理工学研究科 建築学専攻
Department of Architecture, Graduate School of Science and Technology
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
5.0 授業の主な実施形態
Main class format
初期値として5つの授業形態を記載してありますので、適切なものを残し、他は削除してください。
Five class formats are given as default settings. Choose the appropriate ones and delete the others.

ハイフレックス型授業/Hybrid-Flexible format
ブレンド型授業/Blended format
対面授業/On-site class
オンライン授業(同期)/Online (synchronized remote)
オンライン授業(非同期)/Online (asynchronized remote)
概要
Descriptions
建築材料・防災学に関わる高度な専門知識を修得し、学位論文を構成する研究を推進する。
This class trains students in the advanced research skills on building materials and building safety necessary to advance constituent researches of doctoral thesis
目的
Objectives
博士研究における研究の推進
The objective os this class is to advance research in doctoral research
到達目標
Outcomes
学位論文の範囲と構成を確定し、主たるテーマに関する研究を進め、査読付き論文の執筆・投稿を行う
The expected outcome of this class is to determine the scope and composition of doctoral thesis and ernforce the essential constituent researches. Students are required to write a scientific paper for a peer-reviewed journal.
履修上の注意
Course notes prerequisites
他の研究分野にも関心を持って,多角的に研究を吟味すること。
It is reccomended to have an interest in other research areas and try to imporve the quality of research from a broad perspective.
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
- 小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
- グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
- 反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
必要に応じて指示
Instruct as necessary
成績評価方法
Performance grading
policy
研究計画の達成度合い、論文執筆状況等による。
執筆した論文を所定の学会に投稿、あるいは研究発表することを原則とする。

Depending on the degree of achievement of the research plan, the writing status of the dissertation, etc. Students are required to submit a scientific paper for a peer-reviewed journal. 
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
必要に応じて指示
Instruct as necessary
授業計画
Class plan
学生各自が研究のプレゼンテーションを行い,指導教員とのディスカッションにより研究の質を高める。途中で,中間発表を行うとともに,学会などへの投稿論文に関する発表を実施する。他の院生も含めて質疑応答を行う。
1.指導教員とのディスカッション
2.中間発表
3.学会などへの投稿論文に関する発表

Students are required to present his / her research progress in periodical meeting and have a scheduled meeting with the supervisor to improve the quality of the research. Also it is required to submit a scientific paper for a peer-reviewed journal. 
1. Discussion with supervisor
2. Intermediate presentation
3. Presentation on research progress regarding the submitted journal paper
教職課程
Teacher-training course
-
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
997A740
CLOSE