建築史学特別研究2B(山名)のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
建築史学特別研究2B 科目番号
Course number
71PDHIA704
科目名称(英語)
Course title(English)
Advanced Study of Architectural History 2B
授業名称
Class name
建築史学特別研究2B(山名)
教員名 山名 善之
Instructor Yoshiyuki YAMANA
開講年度学期 2022年度 後期
Year/Semester 2019 Second Semester
曜日時限 集中講義
Class hours Intensive Courses
開講学科
Department
理工学研究科 建築学専攻
-Graduate School of Science and Engineering Department of Architecture 
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
日本語、(英語、フランス語)
Japanese (English, French)
単位
Course credit
5.0 授業の主な実施形態
Main class format
対面授業
概要
Descriptions
学会の査読付き論文1本目の執筆のために、調査分析の成果、論文草稿によって、より絞り込んだ内容の議論を指導教員と行う。

For the first authored paper of the academic societies, with the supervising teacher, discuss the more refined contents with the results of the survey analysis and the draft thesis.
目的
Objectives
学位請求論文の骨格の仮説を明確にし、それに従った方法論を構築すること。
また、合理的な思考に基づき論証を進め、的確な結論を見出すこと。
上記によって学位請求論文を構成する各論の数本分をまとめ、投稿、発表すること。

To clarify the hypothesis of the skeleton of the dissertation dissertation dissertation paper and to establish a methodology according to it.
Also proceed with the argument based on rational thought and find out the correct conclusion.
To summarize, post, and announce several of the various theories making up the dissertation request paper by the above.
到達目標
Outcomes
国際学会或いは外国語による論文を含む、学会における発表を行うこと。

To make presentations at academic societies, including international academic societies or papers in foreign languages.
履修上の注意
Course notes prerequisites
客観的に、確実に言える要点を整理してゼミに臨むこと。その論拠となる資料などを持参すること。

To objectively and clearly summarize the points that you can say reliably and to face seminars. Bring documents that will serve as a basis for that.
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
- 小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
- グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
- 反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
客観的で確実な論拠を押さえているかを、厳しく自己点検すること。

Self-checking whether you hold down objective and reliable arguments severely.
成績評価方法
Performance grading
policy
審査付き論文が学会に出せればそれで成績評価するが、もし完成しなくても1本の論文を構築できるだけの基礎固めが着実に進んでいれば、それをもって成績評価を行う。

If the paper with the examination can be submitted to the conference, it will evaluate the result, but if the foundation consolidation enough to construct a single paper is progressing steadily even if it is not completed, the grade will be evaluated with it
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
適宜指示
Recommend as appropriate
授業計画
Class plan
ゼミは、審査付き論文を学会に出すことを目標に行う:
第1~2回.大体の内容とタイトルの確認。
第3~4回.論文の要点とその論拠となる資料群の確認
第5~13回 執筆成果の提出と指導教員との間での質疑応答
第14回 論文の書けている部分あるいは全体についての発表、質疑応答
第15回 進むべき方向性について(まとめ)

The seminar aims to publish a paper with a review to the conference:
1st or 2nd. Confirmation of content and title.
Third to fourth times. Confirmation of essential points of the thesis and a group of documents that serves as the argument
Submission of the results of the fifth and thirteenth writing and question-and-answer session with the teacher
Presentation on the part or the whole of the 14th article writing, question and answer session
The 15th Direction to aim (Summary)
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
997A728
CLOSE