建築史学特別研究2A(山名)のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
建築史学特別研究2A 科目番号
Course number
71PDHIA703
科目名称(英語)
Course title(English)
Advanced Study of Architectural History 2A
授業名称
Class name
建築史学特別研究2A(山名)
教員名 山名 善之
Instructor Yoshiyuki YAMANA
開講年度学期 2022年度 前期
Year/Semester 2019 First semester
曜日時限 集中講義
Class hours Intensive Courses
開講学科
Department
理工学研究科 建築学専攻
-Graduate School of Science and Engineering Department of Architecture 
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
日本語、(英語、フランス語)
Japanese (English, French)
単位
Course credit
5.0 授業の主な実施形態
Main class format
対面授業とする
概要
Descriptions
進むべき研究方向に従って、研究対象(作品・文献)の分析を進め、図あるいは文章によってその成果を表現するという研究作業を継続する。定期的に行われるゼミにその成果を持参して、関連のプレゼンテーションを行う。指導教員から指導を受け、方向を確認しながら、さらに研究作業を進める。途中、何度か、学会大会や学会支部研などに、学位請求論文の部分をなす論文を発表する。

Continue research work to advance the analysis of research subjects (works / literature) according to the direction of study to proceed and express its outcome by drawing or sentence. Bring the results to regular seminars and do related presentations. Receive guidance from an academic supervisor and advance further research work while confirming the direction. On the way, several times, I present a dissertation which forms part of the dissertation dissertation dissertation to academic convention and academic branch lab.
目的
Objectives
日本建築学会、国際学会等において論文発表を行うことができる能力を修得する
Learn the ability to be able to publish papers at the Japan Society of Architecture, International Conference etc
到達目標
Outcomes
国内外の学会等で発表・議論ができるように普遍性、合理性のある思考をすること。
Present and discuss at universities and domestic academic societies etc. through universality, reasonable thinking
履修上の注意
Course notes prerequisites
進路を見失わないようにゼミには必ず出席し指導教員と議論すること。
Be sure to attend the seminar and not to lose sight of your career path
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
- 小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
- グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
- 反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
進むべき方向に沿って調査分析とその成果のまとめを行って、ゼミに臨むこと。ゼミのたびに発表内容が大きくずれることがないように心掛ける。
Discussion in the seminar along the direction to go along with the survey analysis and its results summarized.
成績評価方法
Performance grading
policy
まず、毎回のゼミで着実に研究成果が発表できること。学位論文の一部を構成する小論文が学会大会や支部県に発表できること。これらの成果によって採点する。
First of all, it is possible to announce research results steadily with each seminar. To be able to present an essay constituting part of the dissertation to the conference convention and branch prefecture. Evaluated by these achievements.
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
適宜指示
Recommend as appropriate

直接の研究資料のみを読み込んでも、必ずしも研究の大きな方向性が見えてくるわけではないので、研究対象を含む全体を通観できる通史的な本・論文も参考図書に含みたい。

Even if you read only the direct research materials, it does not necessarily mean that the direction of research will be necessarily visible, so we would like to include historical books / papers that can be thoughtful as a whole including research subjects as reference books.
授業計画
Class plan
1Bよりも研究は進み、深化もしているが、ゼミなどのやり方に大きな変化はない。

学生各自がマンツーマンで指導教員と協議して計画を立て、何度か中間発表を行う。院生ごとに研究の中間発表(学会などへの投稿論文に関する場合もある)を行い、他の院生も含めて質疑応答を行う。
第1~2回.指導教員と発表内容の打ち合わせ
第3~13回.資料分析、実験結果など研究成果の発表
第14回  学会大会もしくは学会支部などへの投稿内容の発表
第15回  研究の方向性について(まとめ)


Although research is progressing and deepening more than 1B, there is no big change in the way of seminars etc.

Each student makes a plan in consultation with an academic supervisor on a one to one basis, and makes an intermediate presentation several times. For each graduate student, an intermediate presentation of the research (sometimes related to the paper submitted to an academic society etc.) is conducted and a question-and-answer session including other graduate students is conducted.
1st or 2nd. Meeting with the academic advisor
Third to thirteenth. Presentation of research results such as data analysis, experiment results
Announcement of contents submitted to the 14 th conference meeting or conference chapter
The 15th Direction of Research (Summary)
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
997A727
CLOSE