建築構造工学特論のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
建築構造工学特論 科目番号
Course number
71SMSTE631
科目名称(英語)
Course title(English)
Advanced Structural Engineering of Building
授業名称
Class name
建築構造工学特論
教員名 衣笠 秀行
Instructor Hideyuki Kinugasa
開講年度学期 2022年度 前期
Year/Semester 2019 First Semester
曜日時限 月曜2限
Class hours Monday 2nd. Period
開講学科
Department
理工学研究科 建築学専攻
Graduate School of Science and Technology, Department of Architecture 
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
2.0 授業の主な実施形態
Main class format
ブレンド型授業/Blended format

対面授業/On-site class

オンライン授業(同期)/Online (synchronized remote)
概要
Descriptions
建築構造工学に関する最新の研究論文や指針等をもとに次の項目を習得する。①鉄筋コンクリート構造を中心とした最近の地震にける建物被害の教訓、②建築構造物の耐震設計法の現状と課題、③建築構造工学に関する最近の研究動向と成果。
この講義は、修士論文テーマが確定した各学生が、そのテーマに関して上記3つの項目について解説・受講者とディスカッションし、建築構造工学に関する最新の研究動向についての理解を深める形で進められる。

Using the latest papers and guidelines, this course deals with,
1. Lessons learned from building damage caused by recent earthquakes, especially in reinforced concrete structures
2. Current situation and issues of seismic design
3. Recent research trends and results on structural engineering of building
目的
Objectives
建築構造工学に関する最新の研究状況を調査・理解することにより、耐震設計技術の現状と課題を修得することを目的とする。

The aim of this course is to help students understand state of the latest research on structural engineering, and issues of seismic design technology.
到達目標
Outcomes
鉄筋コンクリート建物を中心とした、建築構造物に関する最近の研究動向を習得し、構造性能評価および構造設計法の現状と解決すべき課題を理解する。

At the end of the course, participants are expected to understand state of the latest research on structural engineering, and acquire situation and issues of seismic design technology.
履修上の注意
Course notes prerequisites
自主的かつ積極的な取り組みが求められる。
幅広い知識を身につけ、演習意欲を高めることが重要である。

Voluntary and active working is required.
It is necessary to try to acquire a wide range of knowledge.
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
- 小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
- グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
- 反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
毎回の講義の最後に授業の要点を述べ講義内容の整理を行う。次回までに講義内容の要点に関するまとめや復習を行い、理解を深めることが重要である。

At the end of each class, summary will be provided.
It is important to review the contents and deepen the understanding.
成績評価方法
Performance grading
policy
期末レポートで評価する。
議論への参加の積極性を加味して評価する。

Evaluated by end-of-term report.
To be evaluated in taking account of positiveness of participation in discussion.
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
必要に応じてプリントを配布する 

The handouts are distributed in class.
授業計画
Class plan
授業計画
鉄筋コンクリート建物を中心に、建築構造工学に関する種々のテーマを取り上げ、これらに対して、①研究背景と研究の意義、②研究の方法、③研究の成果とその価値、の面からディスカッションを行い、建築構造工学の分野で最近、何が問題とされ、これに対してどのようなアプローチで解決が図られているのかを理解する。
修士論文テーマが確定した各学生が、そのテーマに関して上記3つの項目について解説・受講者とディスカッションする形で進められる。なお、下記の講義順は変更される可能性がある。

第1週 最近の地震における建築構造工学に関する教訓
第2週~第8週
 第2週から第8週の7回の講義で、部材の性能評価法に関する次の項目の最近の研究について議論する。
 1.部材の剛性および耐力の評価法に関する最近の研究
 2.部材の安全限界に関する最近の研究
 3.部材の損傷量評価に関する最近の研究
 4.部材の損傷度評価に関する最近の研究
 5.部材の損傷限界に関する最近の研究
 6.部材の補強法に関する最近の研究
 7.部材の修復法・修復性に関する最近の研究
など
第9週~第14週
 第9週から第14週の6回の講義で、建物の性能評価法に関する次の項目の最近の研究について議論する。
 1.建物の応答評価法に関する最近の研究
 2.建物の地震後の機能維持に関する最近の研究
 3.建物の修復性に関する最近の研究
 4.建物の損傷限界に関する最近の研究
 5.建物の安全限界に関する最近の研究
 6.建物の耐震グレードに関する最近の研究
 など 
第15週 期末レポート

This course deals with various topics concerning structural engineering, especially concrete structure. Each topic is discussed from the following aspects;
1. Background and significance of the study
2. Procedure of the study
3. Result of the study and the value
Contents;
1. Lessons learned from recent earthquakes concerning structural Engineering of building
2.Recent study about stiffness and strength evaluation of members
3. Recent study about safe limit of members
4. Recent study about damage amount of members
5. Recent study about damage degree of members
6. Recent study about damage limit of members
7. Recent study about repair method of members
8. Recent study about reparability of members
9. Recent study about seismic response evaluation of buildings
10. Recent study about post-seismic functionality of buildings
11. Recent study about reparability of buildings
12. Recent study about damage limit of buildings
13. Recent study about safety limit of buildings
14. Recent study about seismic grade of buildings
15. End-of-term report
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
997A310
CLOSE