機械工学特別講義のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
機械工学特別講義 科目番号
Course number
75BAZZZ323
科目名称(英語)
Course title(English)
Special Lecture on Mechanical Engineering
授業名称
Class name
機械工学特別講義
教員名 朝倉 巧,村岡 正宏,荻原 慎二,上野 一郎,髙橋 昭如,野口 昭治,塚原 隆裕,竹村 裕,早瀬 仁則,岡田 裕,松崎 亮介,藤川 貴弘,乙黒 雄斗,黒瀬 築,山本 征孝,小笠原 宏,荒井 翔悟,MOHAMMAD FIKRY
Instructor Shogo ARAI, Takumi ASAKURA, Masanori HAYASE, Ryosuke MATSUZAKI, Masahiro MURAOKA, Shoji NOGUCHI, Ko OGASAWARA, Shinji OGIHARA, Hiroshi OKADA, Akiyuki TAKAHASHI, Hiroshi TAKEMURA, Takahiro TSUKAHARA, Ichiro UENO, Koichi YONEMOTO,
Mohammad Fikry bin Mohammad Jelani, Takahiro FUJIKAWA, Kizuku KUROSE, Yuto OTOGURO, Masataka YAMAMOTO
開講年度学期 2022年度 前期
Year/Semester JFY2022, 1st
曜日時限 集中講義
Class hours
開講学科
Department
理工学部 機械工学科
Department of Mechanical Engineering, Faculty of Science and Technology
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
2.0 授業の主な実施形態
Main class format
ハイフレックス型授業/Hybrid-Flexible format
概要
Descriptions
工場見学を通じて,会社で行われてる実際の業務や工場における機械工学の実際を学ぶ.さらに,様々な業界で活躍されている理科大同窓に,会社紹介、就職の心構え等についての講演を行い、新聞,雑誌等では入手できない最先端の現場の情報を得ることで、就職を控える学生にとって社会人としての心構えを養わせる。
目的
Objectives
工場見学とOB講演を通して機械工学の位置付けを認識し,またエンジニアとしての視野を広めることができる。本学科のディプロマポリシー「2.機械工学の分野で必要な基礎学力と、その上に立つ専門知識。」及び「3.修得した専門知識や教養をもとに、自ら課題を発見し、解決する能力。」に該当する科目である。
到達目標
Outcomes
 社会人、会社というものを理解し、自分自身の進路を決定する際の自己分析ができるようになる。
履修上の注意
Course notes prerequisites
諸先輩の講演を含むので,礼儀正しく信義を守ること。無断欠席は零点とする。
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
- 小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
- グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
- 反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
予習として、新聞や学会誌、Web等を活用して、様々な業界・業種における機械技術の応用展開について知識を得ておくこと。講演会後、レポートをまとめながら機械工学の位置付けや仕事に向かう心構えを認識し、よく理解を深めること。 
成績評価方法
Performance grading
policy
講演会に対するレポート及び見学態度によって評価する。一期一会であるので,あらゆる点に注意し,自らの言葉で書いたレポートを期限までに提出すること。同文,著者不明のレポートは受理しない。
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
特に指定しない
授業計画
Class plan
1  ガイダンス(1) 本講義受講に関するガイダンス

2  ガイダンス(2) 企業と講師の紹介と,レポートの作成・提出について  

3  事前調査(1) 工場見学先企業について各自事前に調査を行う.

4  工場見学(1) 企業によるオンライン工場見学

5  工場見学(2) 企業によるオンライン工場見学

6  工場見学(3) 企業によるオンライン工場見学

7  工場見学(4) 企業によるオンライン工場見学

8  質疑応答 質疑応答,ディスカッション

9  事前調査(2) 特別講演講師の所属先企業について各自事前に調査を行う.

10  特別講演(1) 理科大同窓による会社紹介、就職の心構え等についての講演

11  特別講演(2) 理科大同窓による会社紹介、就職の心構え等についての講演

12  特別講演(3) 理科大同窓による会社紹介、就職の心構え等についての講演

13  特別講演(4) 理科大同窓による会社紹介、就職の心構え等についての講演

14  質疑応答 質疑応答,ディスカッション

15  検討とまとめ フリーディスカッション形式での検討会.各自報告書を作成し提出
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
9975710
CLOSE