熱力学1演習のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
熱力学1演習 科目番号
Course number
75BATHE211
科目名称(英語)
Course title(English)
Exercise on Thermodynamics 1
授業名称
Class name
熱力学1演習
教員名 上野 一郎,黒瀬 築
Instructor Ichiro UENO, Kizuku KUROSE
開講年度学期 2022年度 後期
Year/Semester JFY2022 2nd
曜日時限 木曜2限
Class hours 2nd, Thu.
開講学科
Department
理工学部 機械工学科
Department of Mechanical Engineering, Faculty of Science and Technology
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
1.0 授業の主な実施形態
Main class format
対面
概要
Descriptions
熱力学は,機械工学の基礎を成す「機械工学の4力学」のうちの一つであると同時に古典物理学の柱の一つでもあり,熱から機械仕事への変換を論じた学問である.熱力学を身に付けることにより,エネルギーの視点から自然界がどのように姿を変えていくか理解できるようになる.とくに,蒸気タービン,エンジン,熱交換機,冷凍機に代表されるように,熱を移動させたり,熱から機械仕事を取り出したりするための熱流体機器は数多くあり,これらの動作原理を理解し,より優れた機械を設計するために熱力学は欠かせない学問である.受講生は本演習を通じて,熱力学IAおよび熱力学IBの講義で修得した内容についてさらに理解を深めるため,さまざまな基礎的問題を解くことでその応用力や問題解決力を身に付ける.
目的
Objectives
熱力学IAおよび熱力学IBの講義で修得した「熱力学第1法則および第2法則」,「熱力学の一般関係式」,「定常流動系と圧縮性流体」,「ガスサイクル」,「蒸気サイクル」に関連する基礎的な演習問題を解き,熱力学の原理と応用を体系的に習得する.本学科のディプロマ・ポリシーに定める『2.機械工学分野で必要な基礎学力と、その上に立つ専門知識。』を身に付けるための科目である.
到達目標
Outcomes
熱力学IAおよび熱力学IBの講義で修得した「熱力学第1法則および第2法則」,「熱力学の一般関係式」,「定常流動系と圧縮性流体」,「ガスサイクル」,「蒸気サイクル」に関連する基礎的な演習問題を適切に解くことが出来る.
履修上の注意
Course notes prerequisites
熱力学IAおよび熱力学IBの内容を復習しておくこと.
講義に出席するだけでなく,自習のなかで教科書の例題や演習問題を徹底的に学習すること.
演習時には熱力学IAおよび熱力学IBの教科書やノート,関数電卓を持参すること.
It is desirable for any students taking this course to understand the topics in Thermodynamics IA and Thermodynamics IB. Bring textbooks for those courses as well as scientific calculator.
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
- 小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
- グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
- 反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
各回の講義で,復習と次回へ向けての予習の指示をする.特に,教科書の例題や演習問題に関する学習を徹底し,論理的思考力・問題解決力を身に付ける.
Instructions on preparation and review will be given for each lecture.
成績評価方法
Performance grading
policy
到達度評価,演習問題の解答,出席状況の総合評価.
Qualification exam, contributions to lectures (explain how to solve problems, etc).
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
『工業熱力学 基礎編』 谷下 市松 著(裳華房), 『工学 基礎熱力学』 谷下 市松 著 (裳華房), Thermodynamics: An Engineering Approach, Y. Cengel, M. Boles 著 (McGraw-Hill)
【物理系】 『熱力学 -現代的な視点から』 (新物理学シリーズ) 田崎 晴明 著(培風館), 『現代熱力学 -熱機関から散逸構造へ-』 イリヤ・プリゴジン,ディリブ・コンデプディ 著 (妹尾 学・岩元 和敏 訳)(朝倉書店)など.
この他,内容に関連して適宜指示する.
授業計画
Class plan
1〜2. 熱力学第1法則
3〜4. 熱力学第2法則
5〜6. 実在気体,自由エネルギー
7〜8. 湿り蒸気,膨張過程
9〜10. 定常流動系,圧縮性流体
11〜12. ガスサイクル
13〜14. 蒸気サイクル・冷凍サイクル
15. 到達度評価と解説
それぞれの内容に関連して,1週目に例題を用いた解法例の紹介と解説を行うと同時に同内容に関する課題を配布する.2週目に前週に配布した課題の解答および解説を行う.

Exercise focused topic(s) in a pair of classes. 1st week: examples how to solve the problems, 2nd week: problems
1-2. 1st law of thermodynamics
3-4. 2nd law of thermodynamics
5-6. Real gas, free energy
7-8. Wet vapor, gas expansion
9-10. Compressible flows
11-12. Gas cycles
13-14. Vapor cycles, refrigeration cycles
15. Qualification.
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
9975399
CLOSE