電気工学実験1(2組)のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
電気工学実験1 科目番号
Course number
73ZZEXP201
科目名称(英語)
Course title(English)
Experiments in Electrical Engineering 1
授業名称
Class name
電気工学実験1(2組)
教員名 山本 隆彦,堀 洋一,杉山 睦,喜多 泰代,古川 昭雄,五十嵐 保隆,片山 昇,近藤 潤次,髙木 優香,岸田 亮,金 冑男,太田 涼介,高久 雄一,原 郁紀
Instructor
開講年度学期 2022年度 前期~後期
Year/Semester
曜日時限 前期(金曜4限 金曜5限)、後期(金曜4限 金曜5限)
Class hours
開講学科
Department
理工学部 電気電子情報工学科
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
2.0 授業の主な実施形態
Main class format
ブレンド型授業/Blended format
概要
Descriptions
【概要】1学年で物理実験を行った後,2学年では電気工学実験1で電気電子情報工学の基礎となる実験を行う。

目的
Objectives
【目的】電気工学実験Ⅰの目的は,専門の基礎科目の内容の理解を体験により深め,確実にすることにある。
本学科のディプロマポリシー「電気工学、電子工学、情報通信工学の学問分野に共通した基礎学力と、その上に立つ各分野の専門知識」に該当する科目である。
到達目標
Outcomes
【到達目標】電気工学実験Ⅰを通じて以下の能力を身に付ける
・実験および計測の基礎技術
・データの処理法、まとめ方
・報告書の書き方
 
●本授業はキャリヤ教育・職業教育にも該当する:本授業を履修することにより、将来、電気・電子・情報に関わる研究者や技術者として、その基礎的な知識・装置の取扱などを修得することができる。
履修上の注意
Course notes prerequisites
物理学実験の修得者が履修できる。
他学科,他学部生の履修不可。
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
グループワーク
Group work
プレゼンテーション
Presentation
- 反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
実験を実施する科目である。
準備学習・復習
Preparation and review
準備学習: 次回テーマについて事前に指導書をよく読んで理解しておくこと。(毎回2時間以上)
復習: 実施した実験テーマの結果をよく理解し、考察を行い、レポートにまとめること。(毎回2時間以上) 
成績評価方法
Performance grading
policy
レポート(試問などを含む)の成績を60%,受講態度などの平常点を40%として評価し,総計で60%以上(100点満点で60点以上)を合格とする。レポートの内容は実験したことを整理しまとめることと関連する項目の設問の回答である。提出時期は、次の新テーマの実験開始時間前である。例外があるときはその都度連絡する。
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
「電気工学実験1指導書」を初回ガイダンス時に配布する 
授業計画
Class plan
番号. 項目 内容

0. ガイダンス
実験の実施に先立ち、履修要領についての注意事項が詳細に説明されるから、必ず出席する。

1. 測定技術の基礎
基本的測定器の取扱と測定法を習得し、報告書および対数グラフの書き方を学ぶ。

2. 回路製作実習
無安定マルチバイブレータの製作を通して、ハンダ付けと工具の使い方を実習する。

3. 共振回路
直列および並列共振回路の特性を測定し、その性質を理解する。

4. 過渡現象
基本的な回路の過渡現象を観測し、理論計算との比較検討から理解を深める。

5. 交流電力
交流電力の電力,力率改善および最大電力供給条件について理解を深める。

6. 線形回路と諸定理
線形回路の解析に有用な定理の理解を深め、二端子対回路の扱いに習熟する。

7. 分布定数回路
同軸線路を用いた回路の入力インピーダンスや伝送特性の測定から理解する。

8. 交流ブリッジ
交流ブリッジを構成させ、インダクタンスと周波数の測定から基本原理を理解する。

9. *演算増幅器
反転増幅器の基礎特性と増幅特性を調べて演算増幅器の動作原理と特徴を理解し、あわせて演算増幅器の電子回路への応用方法を学ぶ。

10.半導体
半導体のホール係数と抵抗率を測定し、各種定数を求めることにより、ホール効果を理解する。

11.*磁性体
磁性材料の初期磁化曲線とヒステリシス環線の静的ならびに動的磁化過程を観測し、磁性体がもつ基本の性質を理解する。

12.*電流、磁束ベクトルと電磁力
電磁機械の中での電磁界 発生の原理を習得する。機械中の起磁力、磁束を測定し、磁束密度分布や磁束の動きについて理解する。さらにトルクと電磁力を計測する。

13.*トランジスタ
トランジスタのエミッタ接地回路の静特性を測定し、その特性グラフの理解、視覚的にも把握をする。トランジスタ1段増幅回路の交流動作を観測し、増幅の概念を獲得する。

14.電界効果トランジスタ
電界効果トランジスタの静特性を測定し、素子に対する理解を深める。

15.*論理回路とディジタル回路
論理ゲートの基本特性、電気特性を測定し、それらの応用回路のカウンタを製作して、デジタルICの動作の理解と取り扱いに慣れる。

16.*コンピュータの基礎
アセンブラを用いたプログラムの作成を通じて、コンピュータの動作原理を学び、プログラム開発の基礎を体験する。

なお、*は2週テーマ、無印は1週テーマを示す。 
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
MATLAB/Simulink
備考
Remarks
9973599
CLOSE